新年に七福神巡りをお勧めする理由とは?

プロフィール写真

都内在住。家族の赴任に伴い、オランダに四年、香港に三年半住み、現地の会社で働いていたことも。”やらない後悔よりやる後悔”がモットー、興味を持ったらまずは行動! 最近のマイブームはランニングです。普段から着物を愛好し、自称普段着物研究家。そんな着物姿でぶらぶら、走りながらきょろきょろと見つけたおでかけ情報を発信していきます。

私のお正月ならではのイベントは七福神巡りです。毎年都内のどこかの七福神巡りのコースを巡るのが三が日の1日の定番になっています。
どうしてお正月かというと、七福神の場合、1月1日から7日の松の内だけご開帳される神様も多いからです。

 

町おこしや御朱印ブームなどのせいか、実は想像以上にたくさんの多くの七福神巡りのコースがあります。今回改めて調べたら都内だけで30コース以上もあるみたいです(びっくり)。

 

普段お目にかかれない神様にお参りできるだけでなく、専用の色紙を買えばそれぞれ御朱印を押してくれたりし、コースによってはキュートな授与品を集めることができたりもします。スタンプラリー気分で巡れるのがまた楽しいのです。

 

場所によっては地元の方がお茶を振る舞ってくださったりすることもあって、新年からほっこりいい気分になれたりするのも嬉しいんですよね。

というわけで、2019年は深川七福神を巡ることに。
ちょっと趣向を変えて、今年は自分の足で走って回ってみることにしました。

 

スタートはこちら。
福禄寿 心行寺(江東区深川2-16-7)

布袋尊 深川稲荷神社(江東区清澄2-12-12)

寿老神 深川神明宮(江東区森下1-3-17)
普通は「寿老人」と表記されますが、こちらでは「寿老神」と書きます。

 

毘沙門天 龍光院(江東区三好2-7-5)

大黒天 円珠院(江東区平野1-13-6)

弁財天 冬木弁天堂(江東区冬木22-31)

恵比須神 富岡八幡宮(江東区冨岡1-20-3)
こちらでゴール!

ご神体を直接撮影するわけにはいかないので、外観写真でごめんなさい。
それにしても七福神様がいらっしゃるのは、なぜか神社よりお寺が多い気がします。

長年の疑問です。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE


  • To Top