大人は今まで通りの「ひとつ結び」では地味に⁉ 若見えのちょいテクは?

プロフィール写真

川上 直美

おでかけ女史組花王チームメンバー。ビューティケアPRを担当。ヘアケアのマーケティング担当時代に、商品開発やトップスタイリストと共同で、多くのスタイリングを提案。美肌を目指して頑張っています。

皆さん、こんにちは。花王PRの川上です。

 

突然ですが、髪が邪魔だとすぐにゴムでひとつ結びしていませんか? まあ、簡単だし、若い頃からずっとそうしてきたし……。でも、大人世代が「後ろでゴムでしばるだけ」のぺたんこなまとめ髪をすると、かなり寂しい、地味~な印象になり、ひいては老け見えの原因になることをご存知ですか?

 

こんな感じですね。

ところが、ちょっとしたテクを加えてふんわりさせるだけで、ひとつ結びが劇的に変わるんです。

どうですか? この後ろ姿は、どちらもわたくし川上ですが、印象が全然違いますよね。

 

今回は、ふんわりまとめ髪を完成させる、打倒ペタンコ髪の「乾かし方」と「結び方」をご紹介します。

 

【ドライヤー編】
髪がぺたんこになるか、ふんわりするかは、乾かす段階で決まります。濡れた髪はまず根元からドライヤーで乾かすのが鉄則!

 

こちらはよくあるNG例。いつも毛先から乾かしていませんか?

 

毛先は放っておいても自然に乾きやすいので、乾かすのは後でOK。毛先を後回しにしたほうがいい理由は他にも。毛先を乾かしている間に根元が乾いてしまうと、そのままぺたんこ髪のくせがついてしまい、あとからふんわりさせにくいのです。ですから、ぺたんこが気になるFenceinboston世代の私たちは、最初に根元を乾かすべきなのです。

 

根元を立ち上げてふんわりさせるための正しい乾かし方

① ドライヤーを持った手は「上にあげる」と覚えてください。分け目をつけずに髪の根元に風を入れるように、頭の上から風を当てます。後頭部をふんわりさせるために、後頭部の髪を毛流れに逆らって前に流し、指で根元から髪を動かしながら乾かします。大胆に指を動かして、髪をジグザグに振り動かすように乾かすのがポイント。

② サイドの髪は耳の後ろから前方向に向かって、頭の丸みに沿って乾かします。

これで、根元からふんわり立ち上がった髪が完成です。

 

次に結び方のテクニックです。

 

【結び方編】

こちらはとっても簡単。

 

顔まわりの髪を少し残してバレッタなどで髪を後ろにまとめます。
次に結び目を安定させたあと、頭頂部より少し後ろの髪を少量ずつつまみ上げます。真ん中、左右とバランスを見ながら、少しずつ引っ張る要領で。

 

低い位置をつまむのではなく、頭頂部付近をふんわりさせるのがコツ。

そして完成したのがこちらです。
乾かし方と結び方だけで、こんなにふんわりヘアにできるんですよ。

みなさんもふんわりヘアアレンジ、楽しんでくださいね。

 

 

ふんわり仕上げのシャンプー&コンディショナーでヘアケアしておくのも、ふんわりひとつ結び成功への近道です。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE
第25回
大人は今まで通りの「ひとつ結び」では地味に⁉ 若見えのちょいテクは?


  • To Top