「鳩居堂」が手掛けた聞香喫茶「聞香処」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

 

寺町のアーケードに本店を構える紙、墨、筆をはじめ、お香、封筒、便箋、ハガキなど和文化を支える品々の老舗「鳩居堂」。本店から北へ、御池通を越えて、少し寺町通を進むと、昨年3月にできた「鳩居堂」のセレクトショップ「聞香処(もんこうどころ)」があります。古い構えの町家に丸に鳩の紋を掲げた店には、現代のライフスタイルにマッチした洗練されたデザインの和の文具などが揃えられているのです。

本店の豊富な品々からお気に入りのものを選ぶの楽しいのですが、ここに来れば、素敵!と思う品々にすぐに出会えるので、贈り物やおみやげを探すのにとても便利です。とはいっても、「鳩居堂」らしい和の遊び心を感じさせるデザインで作られた一筆箋や付箋、ノートなど日常に使いたい品々が並ぶ店内、思わず夢中になり時間が過ぎるのも忘れます。

店の棚で、まず目を惹くのが、パステルカラーのトートバッグ。帆布バッグで知られる「一澤信三郎帆布」とのコラボで作られた特製トートバッグは、鳩の模様がデザインされた「聞香処」のオリジナル商品だそう。使いやすいサイズと軽さが魅力です。また同じデザインのふきんなども、洒落た京都みやげにもピッタリ。もらってうれしい品のひとつではないでしょうか。

 

 

黒い柱や梁が京町家の風情を漂わす店の中央には、日本の匠の技と海外のプロダクトデザイナーとのコラボで生まれた器や南部鉄の急須などが並びます。優れた日本の工芸技術が、モダンな暮らしにも合うようにデザインされたもので、端整なフォルムと使いやすさを併せ持った品々なのです。伝統とモダンさをコンセプトに品揃えされた店を象徴するかのよう。

また、棚には、天然香料をベースにした和の香り、香水香料をメインにした洋の香りが楽しめるスティックタイプのお香が種類豊富に並び、そのやさしい香りとパッケージの素敵さにも心惹かれます。こちらも現代の暮らしに似合う軽やかで、癒しされる香りが勢揃い。

さてお香が並ぶ棚で品選び夢中になりつつ、ふと店の奥に目をやると、カウンターのようなテーブルに、スツールが並んでいます。なんとそこは、奥行きのある京町家の店舗の坪庭に面した落ち着いた雰囲気漂うカフェスペースなのでした。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE
第70回
「鳩居堂」が手掛けた聞香喫茶「聞香処」


  • To Top