京都で仏像を見るならまず東寺へ ( その1)基本の堂宇や仏像について

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

3月26日から開催の東京国立博物館の特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」の予習記事も書いているのですが、ここでは、現地、京都の東寺を拝観するためのご案内をお届けします。

第一回は、はじめて行く方のための、基本のお堂と仏像拝観の情報です。

京都を代表するお寺のひとつである真言宗総本山 東寺。教王護国寺ともいいます。

創建は平安京遷都にさかのぼります。京都に唯一残る平安時代の遺構です。

 

794年に平安京ができたころ、都の真ん中を貫く朱雀大路があり、

その南の端に都の入り口である羅城門がありました。

そしてその左右(西側と東側)に国を守るための官寺(国営の寺)である「西寺」と「東寺」が建てられました。その後、西寺はなくなり、東寺だけが、建立された時と同じ場所に残っているのです。

京都駅から新大阪駅に向かう新幹線の車中からも見えるこの五重塔。

高さは約55mあり、木造建造物では日本一の高さです。東寺のシンボルであると同時に京都のランドマークでもあります。

東寺は、823年に中国で最新の仏教(密教)を学んできた弘法大師空海に託されました。この塔を最初に建てたのは、その空海です。

その後落雷などによって4回も焼失したのですが、そのつど再建され、現在の塔は江戸時代(1644年)に再建された5代目です。

京都駅からほど近く行きやすいこともあって、わたしも、しばしばこのお寺を訪れています。

京都で仏像鑑賞をするなら、この寺から始める、または、この寺で締めくくるのがベスト。

なぜなら、この寺では、京都の始まりのころの仏教文化と仏像がどんなものであったのかをつぶさに見ることができるからです。

もっとも有名なのは、講堂というお堂の中にある「立体曼荼羅」と呼ばれる仏像群ですが、最初にお参りしたいのは、この金堂です。こちらは、東寺の創建時(空海に託される以前)に最初に建てられたお堂で、東寺の本堂です。ただし、現在の建物は、創建時そのままではなく、桃山時代(1486年)に再建されたものです。この時代の建築様式を伝える貴重な建造物で、国宝に指定されています。

 

 

重要文化財 薬師三尊像

 

金堂内には、この薬師三尊像が祀られています。

薬師三尊像とは、病気を治す役割を持つ薬師如来と、その脇侍である日光菩薩、月光菩薩の三体の仏像がセットになったものです。

 

よく見ると、真ん中の薬師如来像が特徴的です。

薬師如来は、向かって右側の上向きに広げた手のひらの上に薬を入れるための小さな壺(薬壺)を持つのが一般的ですが、この像にはそれがありません。

なぜかというと、それが古い時代の薬師如来像の形だから。建物同様に桃山時代に再建されたものではあるのですが、創建時の形式を踏襲しているのです。

奈良時代の薬師如来、たとえば、奈良の薬師寺の本尊などには薬壺はありません。つまりこの金堂の薬師如来は、まだ、奈良時代の仏像の形をそのまま残しているということです。

薬師如来像の台座の下にある小さな像たちにも注目してください。

これは十二神将といって、薬師如来の十二人の眷属(けんぞく)です。

眷属とは、簡単に言えばある特定の仏様の仕事を手伝う専属の手下のようなもの。仏像は、このように、真ん中にメインの像、両脇に脇侍、近くに眷属というようなチームの形で祀られることが多いものです。仏像の種類によって、チームのメンバーはさまざまですが、ある程度の原則を覚えておけば、他の寺で仏像鑑賞をする際にも役立ちます。

(今回の特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」に、金堂の諸尊は出品されません。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Pinterest LINE
第94回
京都で仏像を見るならまず東寺へ ( その1)基本の堂宇や仏像について


  • To Top