ブラック×パープルのコーデで大好きなハリー・ポッターの世界へGO!

プロフィール写真

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

ご無沙汰してしているうちに、桜の季節になりました。
焦りながら、花粉と闘いながら、少し前のお出かけを書いています。
友人とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行ってきました!

小林さん ユニバーサル

USJでの私の目的は、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターです。
本当に大好きで、その為だけにUSJに行きたいと思っていました。
ハリー・ポッターに興味のない方は、ごめんなさい。
今回ハリー・ポッターしか写真がありません。

小林さん ホグワーツ城

まずはホグワーツ城です!なんなら住みたいです。(呼ばれてないけど)
そしていいお天気でした。
ちなみに入った時は、このような若干グレーなお空。

小林さん 入場

きっと誰かが魔法をかけたに違いない・・・とか、
自分に都合よく解釈しました。

小林さん ロンの車

ホグワーツ城に向かうと、さっそくウィーズリー家の空飛ぶ車フォード・アングリアが。
色々あって、最終的にボロボロになりますが、物語上は中々の仕事をします。

小林さん 交渉中

ホグワーツ特急の車掌さんに一緒の写真を…と、交渉中。

小林さん 記念撮影

いい笑顔で応対して頂きました。
この日は、ブラックコーディネートに、古着のパープルコートとベルトをアクセントに。
バッグはパタゴニアですが、肩からかけているPurseは、モニカカステリオーニのもので、
スマートフォンやパスポートも入られる旅用のお財布です。
荷物をホテルに置いて、夜ゴハンという時も、これだけでお出かけ出来る優れもの。
ストラップに巻いているストールは、青山のドロワーで購入したものです。

小林さん 入口と城

物語の中に出てくるホグズミード村の入り口。
呪文禁止と書いてあります。

小林さん 金井さん

同僚の金井さんも行きました。
Le pivotの白パンツに、RIGのイエローのパッチを合わせています。

 

 

 

街並みも食べ物も、映画そのもので大興奮!

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE
第37回
ブラック×パープルのコーデで大好きなハリー・ポッターの世界へGO!


  • To Top