GWの休暇、友人宅へのお呼ばれはホワイトコーデで。なぜか妙齢女史3人で夜景の見えるバーへ!?

プロフィール写真

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

GWも終わり、忙しい日常が戻ってきました。
展示会前なので、会社自体は9連休でしたが、個人的には5連休でした。
連休に入ってすぐに、少し仕事した後に友人宅のホームパーティに行きました。

小林さん GWおでかけ

小林さん スタイリング1
洋服はLe pivot、ベルトはMAISON BOINET、石のネックレスはリニエ、
パールのネックレスは、リズプレスというパールのみ扱う、友人のプレスルームで購入。
白革のバッグはH&Mデビットソン、下に写っているエコバッグは、
グラナイトギアのもので、この後、お土産を色々買い込むために使いました。
靴は、ステラマッカートニー、サングラスは金子眼鏡店のオリジナルのものです。

小林さん 友人宅
友人夫婦が、先日広尾のガーデンヒルズに引っ越してから、初訪問。
敷地内にナショナル麻布スーパーマーケットがあったり、小さく富士山が見えたりで、
快適な暮らしの中に心地よい音や空気感があり、
私はこの後、すごい勢いで部屋を整えました。

小林さん チキン
友人の旦那様が焼いてくれたチキン。仕込み具合も相当心がこもっていて、
今まで食べたチキンの中で、一番美味しかったです。
元々みんなが大好きな旦那様ですが、うなぎのぼりに人気者になったのは言うまでもありません。

 

別日に別の友人と、大門まで小籠包を食べに行き、その後東京タワーの方へ歩いていると、
ちょっと旅気分になるロケーションへ。

小林さん 東京プリンスホテル

東京プリンスホテルのエントランスでした。
一休みしようとバーに行きましたが、GW期間中は閉店時間が早く、
代わりにザ・プリンス パークタワーを案内されたので、流れでタクシー移動。
タワーというだけあって、一気に近未来的な空間になりました。
妙齢女史3人で夜景の見えるバーに行くのもどうかなとは思いましたが、とりあえず乾杯。

小林さん ザ・プリンスパークタワー
「デートでいきなりこんなバーに連れてこられたら引くよねー」とは、
大人女史3人一致の感想でした。

若い時は頑張ってくれたんだなと、思えることも、大人はやはり自然に思えないことはNGなんだなと実感しました。
でもその割には、東京タワーの見える席に案内された途端、写メを撮り始めたり、発言と行動は違うようでした

 

連休の最終日には、迎賓館赤坂離宮の一般公開へ行きました。

小林さん 迎賓館・赤坂
又別の友人の勧めで初めて行ったのですが、これが素晴らしく良かったです。
イタリア産・フランス産・ノルウェー産の大理石も美しかったのですが、
晩餐会の招待客に食前酒を振る舞う場として使用するという「羽衣の間」の内装が本当に素敵でした。
フランスの18世紀末の古典主義様式の内装とのことでしたが、
白・ゴールド・ディープレッドのカラーリングがとても美しくて、
ベルサイユ宮殿を思い出すシャンデリアの輝きも一層映えていました。
連休初日に、模様替えしたばかりのお部屋を又変えたくなったのですが、白とゴールドが頭から離れず、
インテリアではなく、服作りに反映させようと、釦のブックからそんな附属を探してしまいました。

 

そんな充実の連休を過ごしていましたが、やっぱり普段忙しくて中々会えない友人達に会えたのが、
一番の連休の過ごし方でした。

 

 

 

連休の前には岡山出張へ。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

LINE
第39回
GWの休暇、友人宅へのお呼ばれはホワイトコーデで。なぜか妙齢女史3人で夜景の見えるバーへ!?


  • To Top