豪華客船で優雅に日本一周の旅 その3 人生最初で最後?の仮面舞踏会

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

引き続き、クィーン・エリザベス号の旅をレポートします。

横浜港を出港し、これまで、函館、秋田と旅してきました。いずれの港でも素晴らしい送迎イベントが行われ、海外からの乗客たちも楽しみにしているようです。お隣の部屋の人は、送迎イベントの人々と交信するために、バルコニーの柵に国旗を取りつけていました。上の写真の上から2番目くらいの階に、赤い旗のようなものが見えるでしょうか。

この国旗は、ウェールズのもの。お国からここまで乗っていらしたみたいです。世界一周の途上でしょうか。

3つ目の寄港地は金沢です。テントの背後に、乗客を市内に運ぶためのシャトルバスがスタンバイしています。

ますますヒートアップするお出迎えイベント。こちらでは、美しい加賀友禅の着物を着た女性たちがずらりと並んで「いらっしゃいませ」。海外からの乗客の目もくぎ付けです。

そろそろ船内のお食事に飽きてきたこともあり、金沢では、お蕎麦や回転寿司など、和食を楽しみました。

ひがし茶屋から少し山に登ったところにある蕎麦屋さん「卯喬」の近くのお寺で、素晴らしい石仏群を発見。全国の石仏の写真を撮ることをライフワークにしているわたしは、思わず時間を忘れ、しばし撮影に没頭。

名残の桜も楽しめました。

お見送りイベントは、高校生による吹奏楽と、地元のチームによるよさこいの豪華2本立てでした。

出航後も、こんなところから見送ってくれる人がたくさん。「ありがとう、また来てね」という声が聞こえてきます。バルコニーから手を振っているだけでこんなに喜んでいただけるなんて、一生一度のことかも知れません。

 

ディナーの前のくつろぎタイム。

今日は美しい女性3人によるクラシック音楽の演奏でした。

 

この記事をシェア!

Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Pinterest LINE
第103回
豪華客船で優雅に日本一周の旅 その3 人生最初で最後?の仮面舞踏会


  • To Top