Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

1日5万トン以上の水が湧き出す秋田県の元滝伏流水

けいとりん

けいとりん

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。学生の頃に部活で頑張っていた水泳をまた始め、自己管理の一環としながら、ゆったりと続けています。何年か前から始めたボイストレーニングの先生に伴奏をお願いし、たまにボーカルとして音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みにはお1人様、または友人とのおでかけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住)など、私の秋田・東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

記事一覧を見る

昨年の6月、初夏の頃に秋田県と青森県にまたがる十和田湖・奥入瀬渓流(とわだこ・おいらせけいりゅう)へおでかけして、清流を眺めながら散策し、迫力の銚子大滝を見てきました。

今年は秋田県と山形県の県境にある鳥海山、その秋田県側にある元滝伏流水(もとたきふくりゅうすい)へ。元滝は秋田県にかほ市象潟町(きさかたまち)の県道131号・鳥海スカイライン沿いにあります。

 

写真愛好家の間では人気の撮影スポットとして知名度の高いところだそうで、そんなに有名だったのか!と、この歳になるまで行ったことがないのを悔やみました。

 

知り合いが最近行ってきて、とても良かったという話しを聞き、ならば私もと、さっそくパートナーくんと共に車でおでかけ。ちなみに電車を使う際は、JR象潟駅で降りて、タクシーで20分ほど。バスは残念ながら出ていませんでした。

元滝へと向かう遊歩道入り口のすぐ横に専用駐車場(トイレ・案内板・自販機あり)があります。車を停め、案内板を見ると、川沿いを歩くコース・林道を歩くコースと2通りあり、私たちは川沿いを歩くことに。

とても綺麗な川の流れや、ずっと奥まで広がる緑を見ながら癒され、鳥の声や川のせせらぎにも癒されながら進みます。当日は朝から気温30度を超えていましたが、遊歩道は暑さをあまり感じません。涼しいぐらいです。

 

傾斜はあまりなく歩きやすい遊歩道ですが、そうはいってもやはり山道ですから、スニーカーで行くのがベストですね。

 

生い茂る木々や川に囲まれながら歩いて行くと、川が段差になったポイントがあり、そこを過ぎたらスッと見えないカーテンをくぐったように、更に涼しくなりました。これぞ自然のクーラー。


遊歩道の入り口付近の水はそんなに冷たくなかったんですが、見えないカーテンより先の水は急に冷たくなったように感じました。

 

涼しく気持ちよく、ゆっくり歩くこと15分ほど、たどり着いた元滝伏流水。

すごい!幅約30mの岩肌からは、伏流水が勢いよく流れ落ちています。これが岩から吹き出ている湧水とは思えないほどの迫力。

 

ゴツゴツとした岩の斜面に一帯に張り付く美しい緑の苔と、湧水の白い水しぶきに目を奪われます。


ここでも水に手を入れてみましたが、ビックリするほど冷たい!でも気持ちいい~。水しぶきから生まれる細かい霧も気持ちいい。マイナスイオンをたっぷり浴びて、リフレッシュできたなぁと、大満足。

1日5万トン以上の水が湧き出すこの元滝伏流水は、鳥海山に染み込んだ水が80年かけて岩場から流れ落ちるそうです。

 

暑い夏、自然のクーラー・マイナスイオンでリフレッシュ、オススメです。
遊歩道入り口から歩き疲れることなく、10分~15分で到着するのも嬉しい。
5月下旬にはヤマツツジが咲き、それもまた美しい景色だと聞きました。その時期にも来てみたい。5月頃だときっとまだ寒いぐらいでしょうね。

冬季はガイド同行のみ入山可能だそうです(要・問い合わせ)。雪景色も見てみたいものです。

 

元滝伏流水を満喫したあとは、車で移動30分ほどの、由利本荘市西目町(ゆりほんじょうし にしめまち)の、西目ハーブワールドへ。

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東北 #秋田 #食べる
おでかけ女史組更新中
おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

Fenceinbostonスペシャル