セントーサ島で時速60kmの空中散歩

プロフィール写真

子どもの頃から 好奇心旺盛。伝統文化・伝統芸能に魅了され、応援する気持ちで、観劇や美術館めぐりなどを楽しむ。文化的なお出かけもアクティブなお出かけもどちらも大好き。東京在住。

image (3)
皆様は、高い所はお得意でしょうか。

私は得意というわけではないのですが、
好奇心には勝てません。
何でも実際に体験してみなくてはわからないので、
とにかくトライすることにしています。

 

 

先日、セントーサ島に行ってきました。

今回挑戦したのは、MegaZip
ジップワイヤーで吊り下げられ、
全長450mの距離を、およそ1分半で降下します。

image

実は、数年前に国内で体験を企てましたが、
実現に至らず。
機会を狙っていました。

 

 

今回の渡航先は、シンガポール。
南部のセントーサ島でも体験できることが判明!
迷うことなく、挑戦です。
Sentosa Express(モノレール)
Imbiah Lookout(駅)よりパークに向かいます。
途中に行先表示が出ているとはいえ、
山の中に入って行くため、
「本当にこの道でいいのかしら」と不安になります。
徒歩10分くらいで、無事に到着。

 

 

体重を測り、リストバンドに記載されます。
(注:体重はごまかせませんし、隠せません)
インストラクターの指示に従い、
ワイヤーに吊り下がる為のハーネスをつけます。
きちんと着用できているかを確認してもらい、
その出で立ちで、出発点の塔まで歩いて向かいます。

 

 

順番待ちをしている間は、ワクワク時々ドキドキ。
宙吊り状態でのスタート待ちが、最も緊張の一瞬。
3・2・1 ・Go!
Mt.ImbiahからSiloso Beach小島まで
最高時速およそ60km/h
熱帯雨林の上の空中散歩は、とても快適。
スタート前の緊張は、何処へやら。
楽しい時間は、あっという間。
「もっと速くてもっと長ければいいのに!」
と思ってしまった私でした。

 

 

富士急ハイランド(以前の記事)では、
すべてのものを預けなければならなかったのですが、
このアクティビティは、カメラもスマホも
自己責任で管理できれば、OK。
トライ前には情報が無かったので、
写真報告ができなくて、ごめんなさい。

 

 

MegaZipはどこでも体験できるものではないので、
セントーサへお出かけの際には、
皆様もトライしてみては、いかがでしょうか。
セントーサ島を楽しむ場所は、他にも盛りだくさん。
まさに、エンタメ王国。
その一部をご紹介します。

 

〈ユニバーサルスタジオ・シンガポール〉
ハリウッドに比べると、とてもコンパクト。
やはり、トランスフォーマー・ザ・ライドが
私のいちばんのオススメです!

image (4)

〈シーアクアリウム〉
世界最大のパノラマ水槽もいいけれど、
私はクラゲのコーナーが幻想的で、好きです。

image (6)

〈アドベンチャー・コーヴ・ウオーターパーク〉
流れるプールでは、洞窟やプチ水族館を通り、
のんびりと楽しめます。
数種類あるスライダーも楽しい。
私はSplashworks(アスレチック)が気に入りました。

 

〈マーライオン〉
セントーサのマーライオンは、展望台になっています。
夜のマーライオンは、かなり存在感があります。

image (2)
実際に足を運んでみると、事前に情報を入手していても
セントーサは以前に訪れた時とは、全く違う印象。
今や、島全体がアミューズメントとなっています。

 

何でも挑戦してみたい私ですから、
再訪の際には、積み残し分を堪能したいと思います。
MegaZipも次回はカメラをしっかり持って、
余裕顏で再挑戦するつもりです!

 

ライフスタイルやお好みに合わせて楽しむことのできる
場所、セントーサ島。
ホテルやビーチでまったり過ごすこともできますし、
様々なアクティビティで大はしゃぎもできます。
皆様の渡航先候補にも加えて欲しい場所のひとつです。

image (5)
シンガポール政府観光局

 

 

 

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

LINE
2014/11/07
セントーサ島で時速60kmの空中散歩


  • To Top
    代理母出産

    facebook.com

    niko agribusiness