歴史的洋館で眺める枝垂れ桜 「京都府庁旧本館中庭」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。京都検定2級。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

歴史的洋館で眺める枝垂れ桜 「京都府庁旧本館中庭」

 

京都の桜の名所といえば、「平安神宮」「仁和寺」「天龍寺」などなど、名を上げきれないほど多くの寺社仏閣が思い浮かびます。歴史的建造物を背景に眺める桜の美しさが、京都らしく、多くの人を魅了するポイントに…。実は、京都は、明治以降、多くの洋館建築が花開いた町でもあります。そのひとつが、明治37年(1904)に竣工した『京都府庁旧本館』です。全国の現役の府県庁舎の中で、創建当時の姿をとどめるものとしては、最も歴史ある建物。

 

小原枝垂桜【正門側方側】

写真提供:京都府庁

 

 

建築家、松室重光設計のルネッサンス様式に属する風格と威厳をたたえた外観が、印象的で…さながら西洋の館を思わせる姿から、NHKのドラマ「坂の上の雲」などの撮影にも使われた建物です。内部は、和と洋の巧みな調和が見事で、当時の京都の大工たちの卓越した技を物語っています。

 

 

さて、この建物の中庭は、春になると、7本の桜が次々に花を咲かせ、一面桜色に染まります。建物が、ぐるりと囲む庭の中ほどに、枝を四方にのびのびと広げる、ひときわ大きな枝垂れ桜に目を奪われるはず…。実は、この桜、あの有名な円山公園の初代「祇園枝垂れ桜」の孫桜に当たります。ちなみに現在の円山公園の枝垂れ桜は、二代目です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また、庭の西寄りに咲くのは、大島桜と山桜の特徴を併せ持つ珍しい品種の「容保桜(かたもりさくら)」です。この京都府庁の敷地がかつての京都守護職上屋敷であったことから、京都守護職 会津藩主 松平容保にちなみ、桜守として知られている造園家、16代佐野藤右衛門さんが命名されました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

容保桜(かたもりさくら)/写真提供:京都府庁

 

 

庭のベンチに座って、仰ぎ見るように桜を眺めるのもいいのですが、おすすめは、建物の中から、洋風のガラス窓越しに眺める桜。まるで絵画のような華やかな世界がそこに…。特に、2階の窓からの眺めが私の気に入っている景色。桜の花の高さと同じ視点で、窓一面に広がる桜の美しさは、また格別。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

桜見物と共に、旧本館内部の旧知事室なども見学できます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寺社仏閣の桜とは、ひと味異なる趣の洋館の桜。その美しさも京都の旅の思い出になる景色です。

 

 

花の見ごろは、3月下旬から4月上旬

京都府庁旧本館「観桜祭」

3月21日(土曜)~4月7日(火曜)10:00~17:00

期間中、お茶会、展示、イベントなどが開催されます。

 

京都府庁旧本館 

京都市上京区下立売通新町西入ル藪ノ内町

☎075-414-5434

 

 

 

小原誉子の京都の観光文化を伝えるブログ

「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

 

 

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

LINE
第9回
歴史的洋館で眺める枝垂れ桜 「京都府庁旧本館中庭」

  • To Top