夏の定番スイーツかき氷専門店「ひみつ堂」へ

プロフィール写真

都電が走る下町暮らし。夫も呆れるほどの欧州サッカー好き。週末は公園でテニスに明け暮れる。夢は世界一周うまいものめぐり。何気ないけれど心に響く風景とグルメ情報をお届けします。

ここ最近ますます外国人観光客が増えてきた、我が東京の下町。  高層ビルが立ち並ぶ近未来都市TOKIOとは正反対で、古き良き街並みEDOという風情に魅力を感じる方が多いからなのでしょう。  今回は地元の人にも観光客にも人気の定番スイーツとお散歩風景をご紹介します。

1

JR山手線・日暮里駅より徒歩5分、谷根千(谷中・根津・千駄木エリア)散策の玄関口として有名な「夕やけだんだん」。 その名の通り夕陽の名所であり、たくさんの野良猫に出会える場所としても知られていますね。  階段を下りると商店街「谷中ぎんざ」。全長170m程と小じんまりしていますが、平日も休日も朝から夕方まで、地元客と観光客で賑わっています。私は自転車で訪れることが多いのですが、安全面を考慮して引いて歩くほど。

「夕やけだんだん」の階段を下りて最初の路地を左へ曲がり、夏の定番スイーツかき氷専門店「ひみつ堂」へ。

2

一年中行列の出来るこのお店。まずは店頭で配布されている整理券をもらい、そこに書かれている時間に再訪するのがルールです。 この日は平日の午後3時過ぎ、梅雨の合間の晴れ模様という条件で、整理券の指定時間まで1時間、そこから並ぶこと30分で店内へ入れました。  季節限定メニューや日替わりのメニューもありますが、私が頼んだのは定番中の定番「ひみつのいちごみるく」(800円)。

3

日光の天然氷を昔ながらの手動式で削ったサクサクふわふわの氷に自家製のジャム。  冷たすぎず甘すぎず、懐かしいような新しいような。何杯でもお替わりしたくなる美味しさです。  昨夏の夕方に訪れた際はこの「ひみつのいちごみるく」が売り切れで、泣く泣く別のメニューを頼んだぐらい人気ですので、食べてみたい!という方は早めの時間をお勧めします。 また、店頭で並んでいるときに電線の上を渡り歩く猫を発見したこともありますので、頭上も是非チェックしてみてください(笑)

 

次はお土産スイーツへ。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

LINE
2015/07/10
夏の定番スイーツかき氷専門店「ひみつ堂」へ


  • To Top