スニーカーと軽いバッグで、築地に買い出しツアー

プロフィール写真

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

築地にお買いものに行きました。

結構歩くということで、靴はやっぱりスニーカーです。

 

小林さん コーデ

 

このスニーカーは、イタリアのスポーツ用品メーカー・ディアドラ ヘリテージのもの。

ご近所のライフスタイルショップ、エルムタ―ジュさんで購入。

ブラウンとグリーンの配色も気に入ってますが、購入の決め手は、

インソールが上げ底になっていて、4cm背が高くなることでした。

靴の色に合わせてモカのワンピースで。

私は背が小さいので、スニーカーにパンツで、アウトドア的なバッグを合わせてしまうと、

ザ・日曜日の人になってしまうので(わかりますか?)、

スニーカーの時はワンピースを合わせることが多いです。

このカットソーのワンピースや薄手のワンピに欠かせないのが、

インナーに着たRIGのキャミワンピ。

 

小林さん キャミワンピ

 

見せても着られるインナーでこの丈は重宝してます。

長いワンピースなのに、ひざ上のキャミワンピだと、陽射しで透けて見えた時、

ちょっと残念ですよね。大人としては。

私もRIGのこのインナーを着るまでは、気になりつつも残念な感じだったので、

色違いで何枚も持っています。

ワンピースは、Fenceinbostonストアでも、春に2年連続で扱って頂いた Le pivotのもので、

Gジャンは、製品化にならなかったサンプルです。

最初に靴を決めることが多いですが、今日はバッグも決まっていました。

一人暮らしと思えない量を毎回買って帰る私にとっては、

軽くて持ち手がビニールになっているこのdosaのカゴが一番です。

表参道の、QUICOで買いました。

そして、両手が使えるようにボディバッグが便利ですね。

 

小林さん バッグ

 

何度目かの築地。

銀座に住んでいるお友達が、日常的に築地でお買い物をする為、いつも案内してもらいます。

スタートはこちら・波除(なみよけ)神社から。

「災難を除き、波を乗り切る」との御神徳だそうで、
これから場内で誰かにぶつかったり、こわしたりしないように(?)

ご挨拶してから行きます。合っているかはわかりませんが。

 

小林さん スタート神社

 

まず最初に教わったのは、場内でのマナー。

一般の方も9時から10時位迄はお買い物出来ますが、
こんな感じでターレーがあちこちからやってきても、

 

小林さん タレー

 

ここでは轢かれた方が悪いと思って気を付ける事。

ボーッとしてたり、通行の邪魔をしちゃいけないですね。仕入で来ている方の職場ですから。

そういえば、外国の観光客の方が、無断でお魚をつかんで写真を撮っていたら、

魚屋のおじさんが怒ってピッチャーの様に氷を投げ、見事に命中していました。

嫌われたくないなと思いました。

でも話しかけると、みなさん気さくに食べ方や保存など色々教えてくれます。

写真も断ってから邪魔にならないように撮れば、大丈夫だったりもします。

 

さて、今回のお目当は、旬の秋刀魚と生イクラです。

LINEで送る

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第5回
スニーカーと軽いバッグで、築地に買い出しツアー

  • To Top