観光も兼ねる出張服はシンプルに、小物にこだわる。

プロフィール写真

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

仕事を絡めて沼津に行きました。

新規のお取引先に伺うのが目的でしたが、

お店の方のオススメもあって、クレマチスの丘に立ち寄ってから伺うことに・・・。

 

小林さん クレマチスの丘2

 

出張ですが、半日はいいものを見る為に時間を取っていて、よく歩くということでスニーカーです。

 

小林さん スタイル

 

この日のお洋服は全てル・ピボットで組みました。

メインは、このドットのコートです。

小林さんコート

中はとてもシンプルに、ニットとスカート。

両方無地でシンプルな時は、よく柄物のスカーフを使います。

巻いているスカーフは、American retro。

 

バッグは神山町にあるCow’nというお店で買った物で、

夏の間、信号待ちなどでも、どこで買ったか何度か聞かれたりもしたお気に入りです。

縦糸がサイザル麻というリュウゼツランの繊維で、横糸はシルバーのプラスティックで手編みされた物です。

2種類の全く違う糸をミックスしているので、ギラギラしすぎないシルバーがお洋服に合わせやすくて、生地を作る時の参考にもなったくらいでした。

(ちなみに春物でシルバー糸を入れた生地を作りました)

形も大き目ですが、持ち手を敢えて小さくしてあって、重さの負担がなく持ちやすいバッグです。

 

スニーカーはイタリアのスポーツ用品メーカーで、ディアドラ・ヘリテージ。

以前築地編の時も履いていたスニーカーですが、最初にブラウンとグリーンの配色をご近所のお店で購入してとても気に入ったので、色違いのアイスグレーにネイビーの配色をネットで探して購入しました。

 

ネットでのお買い物は、大体持っている物の色違いとか重い本、リピートする物を購入する時に利用します。

 

小林さん スタイル1

 

今年作ったアウターですが、オリジナルの生地で、こんな風に遠目には無地っぽく見えるところも気に入ってます。

すべてウールの糸ですが、種類の違う糸を使って、ジャカード機で織っています。

ドットの部分はリング糸などの膨らみのある糸を使いました。ベースは濃いネイビーにしたので、ベタッとならないよいように、スラブ糸も混ぜています。糸自体に力があると、柄や形はシンプルでも角度によって様々な表情が出来ます。

偶然ですが、この日見たお花や彫刻にもそんなことが感じられました。

 

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

LINE
第7回
観光も兼ねる出張服はシンプルに、小物にこだわる。

  • To Top