仕事で訪れた高知、雪予想で重装備で出かけました

プロフィール写真

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

高知に行ってきました。

仕事では何度も行った土地ですが、あまり観光をしたことがないという話から、以前お世話になったバイヤーさんが案内をしてくれることになり、仕事も絡めてプライベートとハーフ・ハーフというベストな旅になりました。

 

春のお花も見られると聞いていたので、春っぽい格好を予定していたのですが、この日は、3月だというのに雪予報!

2月上旬の寒さということで、急遽お出かけ前に着替えてしまい、なんだか真っ黒になってしまいました。

小林_高知_1

3月なので、いくら寒くてもやっぱりウールのニットは着られません。

そんな時には、tの定番ZIPパーカーが重宝します。

綿100%なのに本当に軽くて暖かいので、出張で毎日着てましたとか、アウター代りになりましたとか、言って頂く機会の多いアイテムです。お花見やピクニックにもよいかもしれませんね。

小林_高知_2

スカートもLe pivotですが、コートは、ご近所のセレクトショップ・フローレントで購入したものです。

そして雪予報にビビッてブーツにしました。トリッペンです。

リュックは、コールマン、ストールはどこで買ったかちょっと覚えてないのですが、カシミヤシルクの糸で、やっぱりウール以外の物で、春とはいえまだ寒い中途半端な時期にはお勧めの素材です。

 

ですが高知に着いたら、やっぱり東京よりも断然暖かく・・・。

コートもパーカーも脱いだりして、下に着ていたLe pivotのニットだけでOKでした。

小林_高知_3

首元と足首をあったかくしていると、薄着でも意外と大丈夫なんですね。

空港まで車で迎えに来て頂いていたので、荷物を整理し、服とバッグを身軽にしてリサーチ仕様にしました。

 

このパタゴニアのバッグは、くるくる丸めて、移動時のリュックの中に入れておいて、ホテルに荷物を預けてからそれだけ持って出かけても。

軽くて荷物もいっぱい入るし、A4の書類も入って、ポケットにしまってあるショルダーを出すとリュックにもなる優れものなんです。

 

さて、準備が整ってまずはランチです。

小林_高知_4

国虎屋のおうどんです。パリにもお店があって、パリでは何度か行ったことがあるのですが、本店は初めてでした。

パリよりもメニューが豊富でやっぱり美味しいです。

注文時に麺を少なめにお願いしたのですが、半分でよかったなと思う位、量は多めです。

 

この後、道の駅で買い物したり、半ば強引にアイスを食べさせられたりして(塩アイス・美味しいですよ。でも量が)北川村「モネの庭・マルモッタン」へ行きました。

 

次のページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

LINE
第11回
仕事で訪れた高知、雪予想で重装備で出かけました

  • To Top