大きめショルダーでアートブックフェアへ。キャンパスに合う腕時計にもこだわって。

プロフィール写真

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

年に一度開催される(16年9/16-19開催)に行きました。

小林_アートブック1

場所は、神宮外苑にある京都造形芸術大学・東北芸術工科大学の外苑キャンパス内です。

このアート出版に特化したブックフェアは、毎年個性豊かなカタログやアートブックが国内外から集まってくるイベントです。

日替わりで、トークショーやサイン会などの催しあり、期間中限定の食ブースありと活気にあふれています。

小林_アートブック2

まずは、入り口でカタログを頂きます。

1F・2Fで、A~Hまでの部屋があり、各部屋人でいっぱいです。

水分補給を忘れずにー。

小林_アートブック3

屋外には、フード・セクションと題して、食をテーマにした印刷物を作るギャラリーや、本の販売を行う飲食店などがあります。

私も列に並んでのブースへ。

chiobenは、人気のお弁当&ケータリング屋さんで、ル・ピボットのイベントでもお世話になったり、ときどき個人的にお料理教室(第1回記事)にも参加しています。

小林_アートブック4

その日は、お弁当ではなくて、チオまん。

chioben主催の山本千織さんがいらしてたのでパチリ。

小林_アートブック5

初chioまんは、絶品でした・・・。

小林_アートブック6

自費出版で制作したというchioben・パラパラbookを大人買い・・・というか男気買い。

パラパラめくって、この通りに盛り付けると、自宅でchiobenが作れそう!と思わせてくれるレシピ付き。

サイズも中身もとってもキュートな本でした。

小林_アートブック7

 

そしてこの日のスタイリングは…。次のページでご紹介します。

この記事をシェア!

LINE

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

LINE
第16回
大きめショルダーでアートブックフェアへ。キャンパスに合う腕時計にもこだわって。

  • To Top