「GINZA SIX」情報第3弾! 大人美容ライターのおすすめは?

プロフィール写真

なかごめ・くり/化粧品会社のPR担当から美容エディターに転職して20年。女性誌やウェブでビューティーのページを企画・執筆するほか、化粧品会社のウェブマガジン等でも活躍。
好奇心旺盛で、大人かわいいものが大好きな、永遠の乙女キャラ。趣味は宝塚歌劇とJリーグ観戦。

4月20日、銀座の中央通りにオープンした「GINZA SIX」。この新しい総合ファッションビルに、これまでにないほど豊富なビューティショップが! 今回は、その一部をレポートします。

中込さん 外観

長く工事中だった銀座松坂屋跡地を含む二街区にドーンと建設されました! まさか、こんな立派な商業施設が誕生するなんて。

 

中込さん 地下1階

ビューティのフロアは地下1階です。さっそくエスカレーターで降りてみると…。すごく広くて、どこから見ていいのかわからないほどです! 資生堂など日本の化粧品、シャネルやディオールなど外資のブランド、クラランスやukaといったサロンなどがぎっしり。このフロアだけでも38店舗が入っています。

 

中込さん クレド・ポー ボーテ

こちらは「クレド・ポー ボーテ」のショップ。新国立競技場のコンペでファイナリストに選ばれた、建築家・田根剛氏が手掛けたモダンなデザインがステキです! 什器や壁面の六角形は肌の細胞を表現しているそう。

 

中込さん クレド・ポー ボーテ 天井

天井は何百枚ものセルが変化するライトの光に照らされ、キラキラと輝いてキレイ。この装飾のすごさはショップの粋を越えたものがあります!

 

中込さん クレド・ポー ボーテ ソファ

店内にはこんなソファがあって、カウンセリングはこちらで受けることができます。もう、これだけでもちょっとしたセレブ気分になれますよ。

 

中込さん クレド・ポー ボーテ キャビン

お店の奥には落ち着いた雰囲気のキャビンがあって、顧客になればこちらでトリートメントを受けることができます。実は「GINZA SIX」に入っている化粧品ショップには、このような特別なキャビンが他にもたくさんあるんです! ちょっと、よそへ行ってみましょう。

 

中込さん Maison DECORTE

こちらはコスメデコルテのフラッグシップショップ「Maison DECORTE」。インテリアデザイナーのマルセル・ワンダース氏によるラグジュアリーな空間です。

 

中込さん Maison DECORTE メイクアップブース

店内の中央にある、メイクアップブースです。こちらに、ちょっと面白いものが…!

 

中込さん Maison DECORTE モニター

モニターに顔を映してポチっと色玉に触れると、リップの色が塗らずに試せます。これ、なんとフルメイクを試すこともできるんです! こんなに楽しいメイクアップブースだと、席の争奪戦にならないか心配になっちゃいます。

 

中込さん Maison DECORTE キャビン

そして、お店の奥にはこんな美しい異次元のようなキャビンが! 「Maison DECORTE」にはコンセプトの違う3つのキャビンが用意されていて、予約制でトリートメントを受けることが可能です。ここにも、いつか絶対に来たいです!

 

「GINZA SIX」に入っているビューティショップの各店には、日本でココだけという限定品やサービスがたくさんあります。たとえば…

LINEで送る
第2回
「GINZA SIX」情報第3弾! 大人美容ライターのおすすめは?

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top