「美」をサポートする「ワコール スタディホール京都」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

1946年に京都に創業した、日本を代表するランジェリーメーカー「ワコール」。常に、「美」を追究し続ける女性の強い味方です。さて、昨年、京都駅八条口の向かい側に、新たな社屋を建設。その1階、2階にできたのが、女性の美しさを心身共にサポートする学びの場「ワコール スタディホール京都」。一般の人達が自由に利用できる素敵なスペースでもあります。

小原ワコールDSC05254

広いエントランスロビーは、外光がやさしく注ぐ開放的な雰囲気。そこは、京都の文化や伝統工芸、観光などをはじめ、自然や動物などに関する、さまざまな書籍が自由に閲覧できるフリースペースです。同じフロアにあるカフェで、飲み物やサンドウィッチなどを頂きながら、読書や友人との会話などを楽しむ人の姿が…。なんとも素敵なスペースなのです。

小原ワコールDSC04918 小原ワコールDSC04874

 

また窓際には、ずらりとデスクが並び、インターネットをしたり、書類を作成したり、オフィスのように仕事をする男性も見受けられます。ここは、ビジネスマンの利用も多いそう。

小原ワコールDSC04891 小原ワコールDSC04879

 

京都駅前という好立地。新幹線などに乗る前の時間調整に、のんびり過ごせることから、旅慣れた人の憩いの場にもなっています。

 

次ページに続きます。

LINEで送る
第75回
「美」をサポートする「ワコール スタディホール京都」

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    https://baden-medservice.com

    baden-medservice.com

    http://baden-medservice.com/gostinicy-baden-badena/