簡単に楽しめる手あみキットがもたらす温かな冬「イトコバコ」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

簡単に楽しめる手あみキットがもたらす温かな冬 「イトコバコ」

 

紅葉で色づき始めた京都…そろそろ町歩きにマフラーや手袋が恋しい季節の到来です。温かな冬の小物と言えば、真っ先に思い浮かべるのは、やはり手あみの品。

でも、自分では編めないと思っている人でも、簡単に素敵な手あみの品が作れる手芸キットに出会いました。それがあるのは、二条城のそばにある築80年の古民家を改装した手芸店「イトコバコ」。「ここが手芸店?」と思うほど、趣ある建物です。

実は、この「イトコバコ」は、手あみ手芸糸のメーカー「ハマナカ」の直営ショップ。そう、手芸好きの人なら、一度は手にしたことがある手あみ糸の「ハマナカ」。その本社は、京都にあるのです。

 

「人の創造性を豊かにする手芸手あみ糸を作りたい」と創業者、濱中利基男さんが製造を始めたのは、昭和15年のこと。京都丸太町通沿いに昭和39年に本社社屋を構え、製造は、宮崎の工場で、アクリルや原毛などの毛糸の素材を紡績しています。そして全国の手芸店などに、その時代のニーズに応えるさまざまな手あみ糸や手芸用品を届け続けているのです。

 

日本の家庭で盛んに行われる手芸には、時代と共に流行があります。昭和生まれの人なら、プラスチックのネットに糸を刺してカラフルなカゴを作るアンダリア手芸や四角に編んだものを組み合わせるモチーフあみなどをやったことがあるのでは?そこでも「ハマナカ」は大活躍。単に手あみ糸のメーカーではなく、現代の暮らしを豊かにするさまざまな手芸作品の提案も数多くしていることは見逃せません。今は、あみぐるみのマスコットやトートバッグなどが人気とか。

さて、格子戸を開け、「イトコバコ」の店中に入ると、棚一面に並ぶ色とりどりの毛糸や手芸糸が目に飛び込んできます。なんとも微妙な色合い、その太さや質感のバラエティーの豊かさにも驚くばかり。さすが直営店ならではの品揃えです。

 

次ページに続きます。

LINEで送る
第80回
簡単に楽しめる手あみキットがもたらす温かな冬「イトコバコ」

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    maxformer.com

    profvest.com

    baden-medservice.com