京都の美意識を感じる鯖ずし「八瀬 はなだ」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

京都の町から、叡山電車で約20分「八瀬比叡山口駅」から川沿いの鯖街道を5分ほど歩くと、土壁の続く趣ある日本家屋があります。ここは、週末のみ営業される鯖ずしの「八瀬 はなだ」です。京都では、ほどよく脂ののった鯖を酢でしめ、その旨味をさらに引き出す鯖ずしは、年間を通じ愛される味のひとつです。かつてはよく家庭で作られ、それぞれの家の味があり、京都人にとってソールフードともいえるもの。

 

 

この「八瀬 はなだ」は、10年ほど前に店主である賀幡延子さんが、60歳になられてから始められた鯖ずしのお店です。店の構えは、なんとも趣があり、格子戸がはまる門から続く石畳の路地には、客を迎える打ち水がされ、山野草などが季節の彩りをさりげなく添えています。

そもそもこの家屋は、右京区の仁和寺そばにある浄土宗の尼寺「袋中菴(たいちゅうあん)」の別院として1975年に建立されたものなのです。

 

袋中上人によって、元和5年(1619)に開創された尼寺「袋中菴」は、その後、公家や貴族の子弟が作法や身だしなみを学ぶ道場に…。そこで代々の尼僧が密かに伝承してきたのが挿華という生け花で、江戸末期に伏見宮邦家新王の第一子である山階宮晃親王により「山階御流」と命名されました。現在、延子さんのご主人、賀幡圓定さんが、「袋中菴」のご住職と共に、「山階御流」六世お家元を務められています。

 

「八瀬 袋中菴別院」は、賀幡圓定さんと延子さんが守られ、ご家族と共に住まわれていたところ。その後、本坊に移られたため、長らく住む人のない空家となり、次第に寂びれた姿になってしまったそう。その様子に心を痛めた延子さんが、荒れた建物を蘇らせるために始められたのが、鯖ずしの「八瀬 はなだ」。昔から鯖ずしを作られていた延子さんですが、お店をはじめるに当たり、いろいろな素材を厳選、さらに作る工夫もさまざまに研究なさったそう。

 

次ページに続きます。

LINEで送る
第89回
京都の美意識を感じる鯖ずし「八瀬 はなだ」

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top