雅な京友禅の本格的手描き体験「京そめ塾」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

京の和服と言えば、「やわらかもの」と呼ばれる染めの着物。お茶会だけでなく、さまざまな神事、祭事などに出席する機会が多い女性たちが纏うのは、その季節を表現した雅で品格漂う「京友禅」です。紬など織りの着物を東京で着ていた私には、京の女性たちの京友禅の着こなしの美しさに、いつも見惚れてしまいます。

 

さて、京都の西に位置する西陣は、和服を扱う商家が軒を連ねるエリア。かつて1日の商いが「千両」におよぶと言われた今出川大宮の「千両ヶ辻」。今も大きな商家が並ぶエリアで、今回訪れた 京友禅染色作家の南進一郎さんの「創作着物アトリエ」があります。

 

築150年の町家のアトリエの中には、伝統と現代的なセンスを巧みに融合させた友禅で知られる南さんの見事な作品が並んでいます。南進一郎さんは、染色作家として、誂えの付け下げ、訪問着などを中心に、さまざまな作品を手掛けると共に、「エルメス」のスカーフデザイナーへの日本の意匠指導、またパリで個展を開催されるなど、「京友禅」の美しさを広めるための幅広い活躍をなさっています。

 

さらに「京友禅の美しさをもっと多くの方々に知っていただきたい」という南さんの強い思いから、西陣のアトリエを一般公開すると共に、「京そめ塾」という実際に京友禅の彩色ができる体験プログラムを2014年からスタートされました。

 

京都の伝統工芸に触れる体験プログラムは、いろいろありますが、「京そめ塾」は、体験後に手にする作品の完成度の高さに心惹かれます。

 

使用するのは、呉服の反物の幅の長方形の白生地で、着物に染められる上質の絹ちりめんです。そこには、南さんがデザインした京都の四季の風物の図案が、糊や金彩ですでに描かれていて、参加者は、そこにぬり絵のように彩色を施してゆくのです。

 

テンセルのような「摺込友禅」という技法の京友禅体験も多い中、「京そめ塾」の体験は、それとは異なる技法です。そして、京友禅作家である南さんの伝統を踏まえた品格ある図案の見事さが、体験者が手にする作品に素晴らしさをもたらします。

 

さっそくこの日の参加者といっしょに体験させていただきました。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第98回
雅な京友禅の本格的手描き体験「京そめ塾」

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top