PR

理論上、エイジングを止めることは可能? 肌こそ毎日「体力づくり」を


美容愛好家の野毛まゆりさんは、ドモホルンリンクルの実力を高く評価している人のひとり。その理由は何でしょうか。

 

*大反響を呼んだ、美容ジャーナリスト・近藤須雅子さんによる連載「知っているようで知らない、ドモホルンリンクルの実力」、美容コーディネーター・弓気田みずほさんの「迷いを感じている人こそ、1日も早く出合ってほしいスキンケア。それがドモホルンリンクルです」も併せてご覧ください。

野毛まゆり(のげ まゆり)
美容愛好家。1961年生まれ。外資系化粧品会社の販売・教育トレーナー・広報PRを経て独立。美容業界30余年、現在は女性誌・テレビ・ラジオにて美容コメンテーターをしている。また企業の研修会や講演会にて、美容・接客・販売の講師も。著書に「美しいものを売るために大切なこと(WAVE出版)」がある

 

 

Fenceinboston世代におすすめしたいドモホルンリンクルですが、化粧品は使い方ひとつで効果も変わるそう。また、愛用の化粧品が「なぜ効くか」を知っておくことで、さらに相乗効果も得られるのだとか。今回はブランドをよく知る野毛さんに、ドモホルンリンクルについて解説いただきます。

 

野毛さんとドモホルンリンクルの出合いは2015年。熊本の研究員に直接会って話を聞く機会があり、化粧品づくりの理念や姿勢に深く感銘を受けたといいます。

 

「知名度は抜群なのに、実は使ったことがなかったドモホルンリンクル。店頭で手にすることができないので、なかなか試すことが叶わない化粧品でした。ところが、初めて使ってみたら、ものすごくわかりやすい効果実感があったのです。それは“超うるおう”ということ。洗顔からスキンケアの仕上げまで、製品を使うごとに肌をうるおわせていくからなのでしょうね。

現物を見せずにお客さまに買っていただく商品なので、よっぽど商品に自信がないと売るのは難しいと思うのです。初めて使ってみて、『なるほど、再春館製薬所が自信をもっているだけある化粧品だな』と納得しました。製造年月日が入っている化粧品のはしりでもありますし。製造から販売まで一貫管理しているからこそ、できることですよね」

 

以降、美容愛好家である野毛さんは、ドモホルンリンクルの“手ごたえ美容”に魅了されているそうです。

 

◆私が感動した、再春館の漢方理論とサイエンス

漢方には「未病」という考え方があります。病気というほどではないけれど、病気に向かいつつある不調の状態を指します。そのため、日々のケアで病気になる手前で食い止め、しっかり体力を上げておくことで病気になりにくくしておく、というのが漢方の発想です。再春館製薬所の化粧品づくりにも、その考え方が根付いています。

 

「ドモホルンリンクルの原材料を見ると、土の中の養分を吸い尽くす『根』や、果実を守る『皮』、大きく成長する前の生命エネルギーが凝縮された『早摘みの実・若芽』など、漢方の理念をもとに、肌の力になる原料を厳選して作られているのがわかります。ほのかないい香りも天然原料そのもの。

 

漢方理念に基づいているのは原料だけではありません。天然の力を利用して『肌本来の力』を立て直す、というのがドモホルンリンクルの考え方。つまり、起きたことに対する『対処』ではなく、全体を捉えて整える『根本』という考え方です。肌でいうと、『美白を気にしていたけれど、今度は乾燥が気になる』など、個々の悩みに対処するのではなく、『根本から悩みに立ち向かう』という、根本に目を向けた設計なんですね。

 

ドモホルンリンクルは保湿力にもすぐれているので、外界からの刺激もシャットアウトできるし、自分の肌の力を活かすことでバリア機能も壊れにくくなると思います。さらには、シミにもなりにくくなるだろうし、乾燥もしにくくなるでしょう。肌が元気になる準備をする。それが漢方理念のパワーを秘めたドモホルンリンクルなのだと思います」と、野毛さんは力説します。

さらに、再春館製薬所が研究・開発している最新のサイエンスにも注目している、という野毛さん。

 

「ドモホルンリンクルは誕生してから44年。製品を進化させるために研究を続ける、 “サイエンス”の面も興味深い。原料の力強さを活かすための『技術』だけでなく、大学との皮膚科学研究も盛ん。そして新たな知見はすぐに製品づくりに活かすという対応力にも感心しています」

 

再春館製薬所はコラーゲン(*1)のパイオニア。肌とコラーゲンの関係性に誰も注目していなかった1974年にコラーゲン基礎化粧品を世に送り出しました。ほかにも、原料を微粒子カプセルに閉じ込めて必要な部分にしっかり届ける技術や、防腐剤を使わずに天然由来の抗菌力で品質を保ち続けることなど、これらはドモホルンリンクルにさまざまなサイエンスが活かされている証です。

 

そして、ドモホルンリンクルといえば「年齢肌」にフォーカスして作られた製品。果たして肌のエイジングに、どのように立ち向かうのでしょうか。

 

*1:保湿・肌にハリを与える成分として

 

 

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • To Top