Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

乾燥老化 ⑪乾燥肌の真実1(後編):化粧水を満タンになるまで肌に入れるテクニック

前回は、肌にたっぷり行き渡らせる化粧水をみてきました。今回は、化粧水を肌に浸透させるテクニックをご紹介します。

 

化粧水を、満タンになるまで肌に入れるテクニック

1

ケチケチ使いは厳禁! ひたひたになるまで含ませて

500円玉大の量が通常ですが、乾燥肌の人は多めに。コットンがひたひたにならない場合は、追加で含ませて

 

 

2

コットンをすべらせ、まず肌を湿らせます

コットンをすべらせるようにして顔全体へ。肌が湿った状態になると、入りがよくなります

 

 

3

何度も何度もゆっくり押し込むように入れて

たたくのではなくゆっくり置いて押し込むようにパッティング。顔全体で約100回が目安

 

 

4

両手で顔を包んで化粧水を入れ込む&潤いチェック

両手のひらで包み、さらに化粧水を入れ込みます。乾いている箇所には、化粧水の追加を

 

タンクトップ ¥4,000/フィルム(ダブルスタンダードクロージング)

 

次ページでは、手軽に肌に浸透させることができるオススメのブースターをご紹介します。

<前の記事

<前の記事
第10回/乾燥老化⑩乾燥肌の真実1(前編):化粧水はたっぷり行き渡らせる…

次の記事>

次の記事>
第12回/乾燥老化⑫乾燥肌の真実2(前編): 乳液+クリームの2層で鉄壁ガード(乳液)…

この連載の最新記事

乾燥老化 ㉘シャンプー後の髪に保湿アイテムをプラス

第28回/乾燥老化 ㉘シャンプー後の髪に保湿アイテムをプラス

乾燥老化  ㉗美髪は頭皮の保湿あってこそ

第27回/乾燥老化 ㉗美髪は頭皮の保湿あってこそ

乾燥老化 ㉖頭皮と髪の乾燥はエイジングを加速!

第26回/乾燥老化 ㉖頭皮と髪の乾燥はエイジングを加速!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

Fenceinbostonスペシャル