太りたくない!エレカシ宮本浩次さんの生活は?(インタビュー/後編)


6月6日にニューアルバム『Wake Up』を発表し、すぐに全国ツアー「TOUR 2018 “WAKE UP!!”」がスタート。そして怒涛の夏フェスへと突入するエレファントカシマシ。途切れることなく、あまりにも精力的に働き続ける52歳・宮本浩次さんに、体型維持と健康について聞いた。

(アルバム「Wake Up」について語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 取材・文/本誌編集部

宮本浩次さん

Profile

みやもと・ひろじ●1966年6月12日、東京都生まれ。中学・高校のクラスメイトからなる4人組ロックバンド、エレファントカシマシのボーカル&ギターを担当。81年にバンド結成、88年3月にデビュー。94年にレコード会社との契約が切れ、事務所も解散するが、96年に再デビューを果たす。97年には『今宵の月のように』が80万枚を超える大ヒット。2017年、デビュー30周年記念の全国47都道府県ツアーを成功させ、NHK紅白歌合戦に初出場。2018年6月6日に23枚目のオリジナルアルバム『Wake Up』をリリース。6月17日・大阪城野外音楽堂、23日・日比谷野外音楽堂(29年連続!)を経て、25日から全国5か所9公演のライブハウスツアー「TOUR 2018 “WAKE UP!!”」、そして全国の夏フェス9公演に突入する。

 

 

デビュー31年目の夏は、

さらにヒートアップ?!

 

7月22日・福岡、27日・新潟(フジロック)、29日・山口、8月4日・茨城(ロックインジャパン)、5日・大阪、11日・北海道、19日・香川、25日・新潟、9月2日・山梨。

 

今年の夏、エレカシはこれだけのフェスに出演する。しかも自らのツアーの最終公演は7月16日・北海道。まさに休む暇なし。

 

「偶然なんですけどね。ただまぁ、偶然の必然というか。30周年の総仕上げとして、もう30周年じゃないんですけど、『エレファントカシマシ、ここにあり』ってことなんだと思います。

フェスって結構すごい場所で、興味がないと全然人が入らなかったりするんで。井の中の蛙、大海を知らずじゃないけど、内輪でいると気づかないことを直視せざるを得ない。みんなに受ける歌、演奏って何だろう?っていう、ヒリヒリした感じや緊張感が非常にいいんですよね。

ツアーはツアーで、エレファントカシマシをすごく大事にして、アルバムも聴いてきてくれる人が多い中で、どれだけまっすぐに曲を届けるかという場なので、両方ちゃんとやることが自分たちにとって大事だと思っています」

 

暑い暑い日本の夏。大丈夫ですか?

 

「たぶん体力的には大丈夫だと思うのですが。水分を多めに補給して(笑)、頑張りたいと思います」

それにしても細い宮本さん。そのシルエットが30周年のロゴマークに使われるのも納得の、ロックスターの体型です。「絶対に太らないぞ!」と意識しているのでしょうか?

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top