黒木瞳/カッコよくてかわいい、女性の憧れの存在


カッコよくかわいい黒木さん、いつも女性の憧れの存在なのはなぜ?

 

年齢を重ねるごとに、健やかな輝きを増していく黒木瞳さん。そのかわいらしさと美しさは驚異的です。デビュー以来のスレンダーな体やツヤのある肌感も変わらず、この日の撮影でも愛用のバランスボールを、無邪気な子どものように誰よりも楽しんでいました。「健康と美は、積極的に自分で手に入れていくもの」。黒木さんの毎日は、ベーシックな生活習慣と尽きない好奇心、迷わず一歩を踏み出していく行動力とに満ちています

黒木 瞳さん

Hitomi Kuroki

福岡県出身。宝塚歌劇団月組のトップ娘役を務め、退団後の1986年、『化身』で映画初主演。数多くの映画、ドラマで活躍。’97年『失楽園』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2016年には初監督作品『嫌な女』公開。その活躍はとどまることを知らない

 

 

冷えは大敵。腹巻きと靴下は一年中つけています

昨年、20 年ぶりに写真集を発売した、黒木瞳さん。「創るなら今だと。女優として機が満ちた、その一瞬を切り撮ったという自負があります」。一編の映画のような作品には、年齢を経てきた大人の女性の愁いや華やかさがあふれています。「(美しさを保つことについて)よくストイックでしょう、と聞かれますけど、 全然違います。私はジムに行きませんし、毎日続けているのは、ほとんど家でできるベーシックでむしろ素朴なことです。

 

 

生活のローテーションはほとんど決まっていて、映画やドラマの撮影で変動はあっても、基本は早起き。これがまずは健やかさの原点のよう。「だいたい4時か5時には起きます。早朝は季節感をいちばん感じられる、大好きな時間。夜は10時か11時には寝て、6時間睡眠を必ずキープ。枕はテンピュールを使っています」

 

 

起床後、毎日、体重計に乗りチェック。そして半身浴でその日をスタート。「私はお風呂を朝と決めています。長年ゆっくり湯船につかることが苦手だったのですけれど、代謝が下がっていく年齢だからと始めたら、実に快適で体調がいい。同時に顔のパックは欠かしません。すごい乾燥肌なのでメイクはクレンジングで落とすだけ。その後、脂分を取らないよう洗顔はしないので、パックで潤すんです。保湿は私にとって命!(笑)メーカーは決めてなくて、韓国に出かけたときなど、どっさり買ってきたりしますね」
入浴後は「絹屋」の腹巻きや靴下で、冷えを防ぎ、演技の本番以外、夏でも一年中、寝るときもつけているそう。「冷えは万病のもとですよね。女優の仕事はロケ先の天候や条件が変わりますし、プロとしてつねに体調を万全にしておきたいんです。

 

 

3年前からNHKのラジオ体操も始め、iPadに入れた曲のイントロが流れると「やる気スイッチが入る」そう。「あの体操は体の構造がすごくよく考えられていて、とても効率的なストレッチができると知りました。例えば人は普段、手を上に上げないけれど、上げることで交感神経と副交感神経のバランスが整います。"ぶら下がり健康器"にも毎日、ぶら下がっています。腕を曲げた形でするので、相当腕の筋肉に負荷がかかって、今は15秒が限度ですね」

 

 

バランスボールも黒木さんの必需品。仕事先の楽屋、メイク中も乗っています。「きっかけは腰痛改善でしたけれど、美しい姿勢は体幹を鍛えることから。コツは(へそ下の)丹田にギュッと力を入れること。そうすればグラグラしません」
月に一度の歯のクリーニングも、何十年と欠かしたことがないとのこと。

ブラウス¥40,000/ナゴンスタン ス デニム¥10,900/ザ センス (ドクターデニム) ピアス¥ 15,800/セシル・エ・ジャンヌ スニーカー/スタイリスト私物

 

次ページに続きます。

LINEで送る

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top