羽田美智子さんの「花を生ける暮らし」/増田由希子流アレンジ1:海外でも人気の和洋折衷

プロフィール写真

羽田美智子

1968年生まれ。女優として映画、ドラマ、テレビ、CM、ラジオなどで幅広く活躍。

ドラマ「サバイバルウェディング」(日本テレビ・土曜22時~放送)に出演中。ドラマスペシャル「指定弁護士」(テレビ朝日)9月23日(日)21時放送。映画「この道」が2019年1月11 日(金)公開予定。

羽田美智子オフィシャルブログ

: michikohada

羽田美智子オリジナルミスト発売中。

羽田美智子

“自分磨き”のための大人の手習い Vol.9

 

女優の羽田美智子さんが自分磨きのために選んだテーマは、花あしらい。前回に引き続き、フラワースタイリストの増田由希子さんから学んでいきます。

そしてここからは実践編。最初にご紹介するのは、和洋折衷の増田由希子流アレンジです。

 

 

増田由希子流アレンジ1

菊の新しい魅力を清涼感あるアレンジで。

海外でも人気の和洋折衷は、優しいトーンでまとめて

【仕上がり写真/増田由希子さん撮影】

 

 

増田流ルール

1菊の形状に合わせた丸みのある花器でやわらかな印象に
2 大輪の菊と反対色のパープルをアクセントにして引き締める
3 花器の口が見えないよう、花を手前に入れて傾ける

 

 

「今、いちばん心ひかれるのが菊の花。淡いピーチカラーが重なり合う花びらを見ていると、気持ちがほどけていくのを感じます。菊も枝もののグリーンも和の花材ですが、洋花のライラックと合わせることで、菊もモダンにアレンジできるのです。優しい色合わせの中の萩のパープルは、互いを引き立て合うスパイスのような役割。チェストの上に置き、横と後ろからのやわらかな光を感じる一瞬を切り取ります」

 

[花材]

マム(シルキーガール)、バラ(ジャルダン・パフューメ)、リョウブ、 ライラック、センダイハギ、オダマキ

 

 

 

 

次ページで、アレンジがキマるワンポイントアドバイスをご紹介します。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第29回
羽田美智子さんの「花を生ける暮らし」/増田由希子流アレンジ1:海外でも人気の和洋折衷

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top