乾燥肌で苦労した元局アナが開発したオーガニックの時短ファンデーションとは?


「私自身が常に困っていたファンデーションの開発に、一番力を注ぎました」

BIOR1

新作のファンデーションを持ち、そう熱く語るのは「Bior Organics Japon(ビオールオーガニクスジャポン)」をプロデュースした工藤由美さん。

 

 

2012年まで大分放送のアナウンサーとして活躍。局アナにはプロのヘアメイクさんは付かず、いつも自分でメイクをしていたそうですが、荒れやすい乾燥肌だったためメイク直しには時間もかかってひと苦労。テンションが下がってしまうこともあったとか。

BIOR2

退職後、そんな自身の経験を活かしてオーガニックコスメの会社を設立。自分と同じような悩みを持つ人のためにと、この9月に「Bior Organics Japon」を誕生させました。オーガニックの世界統一基準である「COSMOS(Cosmetic Organic Standard)認証」を取得したブランドで、日本で唯一、プラントリンCCエキスを配合しているのが特徴とか。

 

 

プラントリンCCエキスって?

 

オーストラリア原産の薬草センチペタクンニンガミーから抽出したのがプラントリンCCエキス。植物化学の第一人者である国立西シドニー大学のリーチ博士が10年以上にわたる研究を続け、抗炎症や抗酸化などのエビデンスを発見。両方の作用を持つことで、肌を外的ストレスから守り、アンチエイジング効果もあるとして大きな注目を集めているのだそう。

BIOR3

活性酸素、フリーラジカルの除去にも優れたチカラを発揮すると臨床試験でもあきらかになり、今ではオーストラリア政府の支援のもと、さらなる研究が進められているんですって。

 

 

次のページで、製品をご紹介します!

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第204回
乾燥肌で苦労した元局アナが開発したオーガニックの時短ファンデーションとは?

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top