9月3日(月)にテイスティング会開催。新たなお気に入りのワインに出合えるかも!


自宅で楽しんだり、友人宅に手土産として持って行くワイン、あなたはどう選んでいますか?

 

 

「有名な銘柄や産地」という選択肢もありますが、実際に飲んでみると自分の好みじゃなかったり、気軽に飲むには予算オーバーになってしまったり。「前に飲んで気に入った1本!」もいいけれど、せっかくいろいろな種類があるワイン、やっぱりもっと、新たなお気に入りを見つけたいですよね。

テイスティング会2

そんなワイン探しにモヤモヤしている人にぴったりなテイスティング会が、年に一度開催されています。専門家と愛好家によって選ばれた「日本で飲める美味しいワイン」の数々が楽しめるイベントで、毎年500名ほどが訪れているそう。写真は、過去に行われたテイスティング会の様子。

 

専門家と愛好家によって選ばれたワインとは?

 

このイベントは、2011年よりスタートした品評会「日本で飲もう最高のワイン ~テロワールから食卓へ~」によるもの。もっとワインを気軽に楽しんで欲しいという思いから、山梨大学 ワイン科学研究センター 教授の柳田藤寿先生が審査員長となり、国内で販売中のもの、あるいはその年に発売予定のワインを生産者や代理店などに募り、先着300のワインが審査されています。

テイスティング会3

テイスティング会4

審査するのは、醸造家やジャーナリスト、ソムリエなどの専門家10名公募から選ばれた愛好家80名。写真のようにエチケット(ラベル)がわからないよう包装された状態にして、知名度や産地、価格などの先入観を持たずに、赤(フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディ)と白(辛口、甘口)のワインをテイスティングして20点満点で採点します。ちなみに、審査員に応募してくる愛好家は40〜50代が7割を占めているそう。まさにFenceinboston世代ですね。

テイスティング会6

この審査で、各カテゴリーごとに一定の評点を獲得したワインがプラチナ・ゴールド・シルバーメダル賞、ベストワイン賞などに選ばれます。また1,500円以下で20点満点中15.5点以上獲得したワインはコストパフォーマンス賞に!

 

 

お待たせしました!テイスティング会について、次のページでご紹介します。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top