ご縁をつなぐ言葉

プロフィール写真

作家。
東京都生まれ。ベストセラーとなった『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』『成功する男はみな、非情である。』はアジア各国で翻訳された。近著は『一流のサービスを受ける人になる方法』(光文社知恵の森文庫)、『男の「嘘」の磨き方』(あさ出版)。
テレビのコメンテーター、トークショー、企業セミナーのプロデュースも行っており、世界50カ国以上を訪れ、各国・各界に多彩な人脈を持つ。日本アカデミー賞協会会員。

GW以降、2度も島根県を訪れる機会をいただきました。

 

1度目は「出雲縁結び空港」から松江市をめぐり、出雲大社と隣接する古代出雲歴史博物館(必見です!)を見学し、世界遺産の石見銀山方面へ。

神社や歴史的遺産、自然や街の佇まい、石見神楽に対する熱い想い、県民の方々がごく当たり前に持っていらっしゃる信仰心……。自然と厳かな気分になれました。

島根県立古代出雲歴史博物館にて。6人の専門家が昔の出雲大社の図を各自読み解き、模型化したもの。

 

2度目は世界ジオパークネットワークに認定されている隠岐諸島へ。大きく分けて4つの島々から成り立っているこの島は、小野篁(おののたかむら)、後鳥羽上皇、後醍醐天皇など、高貴な方々の流刑地としての印象が強いですが、それだけに離島でありながら、雅な宮廷文化が色濃く残っており、総人口2万人程度の島々に100以上の神社が点在しています。

海上の守り神とされている焼火(たくひ)神社。巨大な崖をくり抜いた、国指定重要文化財の神殿は圧巻!

 

そんな旅の途中、『ご縁の国しまね』と書かれたボードやパネルを何度も見かけました。島根県観光振興課が運営するサイトにも、全国から集まった、ご縁を結ぶ言葉「ご縁四十五箇条」が紹介されています。

© 2018島根県観光振興課 All Rights Reserved.

 

私が昔から人に恵まれているのは、感謝を知り、ご縁を大切にしてきたからだと思います。

そこで『いつか流 ご縁をつなぐ言葉』をいくつかご紹介したいと思います。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top