スポーツ観戦が、悩み多き日常に風穴をあけてくれる

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

2018年もすでに後半に入っていますが、振り返れば冬季オリンピックにサッカーW杯、高校野球と、スポーツで盛り上がることが多かったですね!

 

 

そこで今回取り上げたいのは、スポーツの本。やるスポーツではなく、見るスポーツ、具体的にはサッカーJ2チームを応援する人々を描いた小説です。

 

 

私自身とスポーツについてお話しすると、小3のときにわりと大きな病気をして2年間運動を禁止されたため、それでなくても得意ではなかった運動がすっかり苦手に。以来スポーツは見る専門ですが、サッカーに興味を持ったのは’93年のドーハの悲劇がきっかけでした。

 

 

あと一歩でW杯出場を逃したことがあまりにも悔しくて残念で、「次のW杯こそ!」と考えることで冷静になろうとし、その流れであるJ1チームのファンになったのです。

 

 

あれから25年。ずっと同じテンションで応援しているわけではなく、最近ではファンを名乗るのがおこがましいほどチーム事情にうとくなっていますが、とにかく私の精神状態は試合結果にかなり左右されます。ときにはそんな自分が面倒に思え、テレビ観戦ができるのに見ないことも。

 

 

 

ハラハラドキドキするのに耐えられない。負けたときの精神的ダメージを減らすために関心のないそぶりをしたい。情けないことに、そんなことをぐるぐる考えがちです。

 

 

 

だから大好きな作家・津村記久子さんの新刊『ディス・イズ・ザ・デイ』の帯に「22のチーム、22の人生」「好きなもの(サッカー)が、どんな時も自分たちを支えてくれる」という文字を見つけたとき、「これはマイナス思考になりがちな私が読むべき本だ!」と直感でわかりました。

 

書評_photo

『ディス・イズ・ザ・デイ』 津村記久子 朝日新聞出版 ¥1600(税別)サッカー2部リーグ最終節の日。全国11のスタジアムでは、各チームを応援する人々に悲喜こもごものドラマが繰り広げられていた。応援の演奏隊、チームのマスコット、グッズや食べ物など、スタジアムに存在するすべてのものが“場”を作り上げているんだ!と実感

 

 

さて本作の構成ですが、11話+エピローグからなる連作短編集。11話はすべて最終戦を絡めた話なので、22のJ2チーム(すべて架空)がもれなく登場するようになっています。

 

 

 

表紙をめくってまず驚くのは、22のチーム名がエンブレムとともに掲載されていること。そのエンブレムが「本当にありそう!」と思えるくらい凝っているんです。

LINEで送る
第47回
スポーツ観戦が、悩み多き日常に風穴をあけてくれる

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top