コラーゲンにも種類があるって知っていますか? 注目の「V型コラーゲン」と、その役割とは!?


この日訪れたのは、ファンケルから登場する新スキンケアラインの発表会。

ファンケル_エンリッチ3

会場奥には、ファンケルの歴代スキンケアのボトル容器が発売された順にディスプレイされていました。一番左が、1982年に登場した1週間使い切りの5mLサイズです。

 

創業当初から、肌に負担となるものは一切無添加。もちろん現在も防腐剤を使っていませんが、処方や密封技術の進歩により、開封後60日もフレッシュさを保てる30mLサイズに。エコにも配慮し、容器の素材も進化しています。

ファンケル_エンリッチ2

その横には、防腐剤や添加物を使わない理由の展示も。肌への優しさだけでなく、肌本来が持つチカラを高めることを追求するファンケルは、細胞やDNAレベルでの研究を進め、独自の美肌アプローチを確立してきました。この秋に登場する新スキンケアラインも、もちろん防腐剤無添加です。肌ストレスとなる要因を研究し続け、今回発表したのは

 

 

肌悩みに合わせたコラーゲンコントロールをすること!

ファンケル_エンリッチ4

私たちの体内には28種類のコラーゲンがあり、そのうちの9種類が皮膚に存在していることがわかっています。コラーゲンは肌のハリや弾力などを司る大切な役割を果たし、日々合成と分解を繰り返していますが、年齢と共にそのバランスが乱れ、毎年1%ずつ減ってしまうのだそう。

ファンケル_エンリッチ5

コラーゲンの合成・分解のバランスの乱れは、加齢のせいだけではありません。アンチエイジングの一環として、どんな要因が肌ストレスとなって老化につながってしまうのかを細胞レベルで研究した結果、わずかな活性酸素でも細胞の構造が変わり、コラーゲンの減少や変性を引き起こしていることがあきらかに。活性酸素を発生させる紫外線や防腐剤などの影響が、老化の個人差を広げていたというわけです。

 

次のページに続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第203回
コラーゲンにも種類があるって知っていますか? 注目の「V型コラーゲン」と、その役割とは!?

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top