「グレーヘアで生きて行く、と決めたら、絶対オシャレに手を抜いてはいけない」と美容ジャーナリスト齋藤薫さん。その理由は?


歳を重ねて老け込んでしまう人、変わらずずっとキレイな人。

見た目年齢の差は、いったいいつ頃どこが分かれ目なのか。

何が原因なのでしょうか?

ずっと美しい人 著者_齋藤

齋藤 薫

(さいとうかおる)

美容ジャーナリスト、エッセイスト。女性誌編集者の経験を生かして美容記事の企画に携わるほか、化粧品会社や百貨店のコンサルタント、広告や商品開発のアドバイザーなど、幅広く活躍中。『Yahoo!ニュース「個人」』をはじめ、『美容の天才365日』(講談社)、『”一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)など著書多数。

 

 

美容ジャーナリストの第一人者齋藤薫さんが解き明かす〝大人美〟の秘密。

「どんな美容液より、どんなお手入れよりも効果的な方法は、もしかするとあなたの心の中にあるのかもしれません。」

そんな前書きで始まる「読む美容本」が発売されました。

ずっと美しい人 大人の女よ!もっと攻めなさい 帯なし

「キレイはむしろ増えていく。

大人の女よ!もっと攻めなさい」

9月26日発売 本体1500円+税(集英社インターナショナル)

 

 

『歳をとるほどピンク!』、『キレイより、若いより、「素敵」と言われたい』など、大人の女性のための美容レッスン20項目から数項目をピックアップ、その中身をダイジェストでお届けします。

 

 

Lesson「白髪は魔法!」

白髪=老けの象徴だったのはすこし前までのこと。最近は美しいグレーヘアをなびかせて闊歩するマダムが増えて来ました。ともすると重く見えすぎる黒髪よりも、むしろグレーヘアはプラチナブロンドに近い別格の存在感を醸し出してくれます。

その好例が加藤タキさんや堀越希実子さん。

ただ、ここには気をつけなければならないポイントがあります。

 

「グレーヘアで生きて行く、と決めたら、絶対オシャレに手を抜いてはいけない。手を抜いた途端に白髪は単なる衰えの象徴、たちまち人をくたびれた印象に見せてしまうから」

と齋藤薫さんは語ります。

 

ここがポイント。写真の加藤さんや堀越さんのように、グレーへアがカッコいい人はヘアスタイルにもオシャレにも常に気を配った完璧なご自分を演出していらっしゃるのです。構わない白髪頭とモードなグレーヘアの違い、くれぐれも注意が必要です!

ずっと美しい人 加藤タキさん1

ずっと美しい人 堀越希実子さん2

写真/宇壽山貴久子

 

 

Lesson「シワが見えない人」

「同年齢で、本来同じようにシワがあるかもしれないのに、ひどくシワが目立つ人と、シワが見えない人がいる。それはひとえに、表情の違い。美しい表情に視線を奪われると、他のものには目がいかないのだ」と齋藤さん。

 

シワがあっても見えない人、といえば、デザイナーの島田順子さん。島田さんを思い浮かべたときに、浮かぶのは小粋なアップヘアとおしゃれな着こなし。そして、心からの笑顔。まさに存在そのもののチャーミングさに目が吸い寄せられて、シワには目がいかない、という説得力のある存在です。

ずっと美しい人 島田順子さん3

写真/山下郁夫

 

 

 

〝大人美〟の秘密、次のページへ続きます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top