年齢を重ねてから読む「評伝」の面白さに開眼!

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

白鳥は哀しからずや空の青
海のあをにも染まずただよふ

 

 

若山牧水のこの短歌をふと思い出したのは、今年の夏、海辺のプールサイドでぼんやり水平線を眺めていたときのことでした。

 

 

私が訪れたのは南の海だったので、背景が違う気もしましたが(個人的には何となく日本海っぽい!?)、それでも脳裏にこの歌が浮上したのは、多分うろ覚えではなく正確に覚えていたから。

 

 

その理由は「教科書に載っていたからでは?」と感じたのです。

 

 

教科書というものから縁がなくなって30年以上経ちますが、そこに載っていたことがある瞬間あざやかによみがえることに、ときどき驚かされます。決してマジメに勉強していたタイプではないのに!

 

 

たとえば、化学の元素記号。(というかその覚え方。「水平リーベ僕の船……」から始まるあれです)
ナポリ民謡「帰れソレントへ」の歌詞。
百人一首のいくつかや、「枕草紙」の一節。

 

 

半ば眠気に負けていた授業も多かったけれど、先生がそんな生徒のために(!?)粘り強く説明されたせいか、脳のどこかに知識の断片が残っているのでしょうね。

 

 

だから夏休みの旅を終えて日常に戻り、いつもの書店で歌人・俵万智さんの新刊『牧水の恋』を見つけたときは、ちょっとびっくり。
そして「牧水のあの短歌は覚えていたけれど、彼がどういう人だったかは全然知らない!」と思ったのです。

書評_photo

『牧水の恋』 俵万智 文藝春秋 ¥1700(税別) 若き日に歌人・若山牧水が恋した美しい人は、彼に喜びだけでなく苦悩をもたらした。彼女はなぜ煮え切らないのか。同じ家で下宿している彼女の従弟とも関係しているのでは? 牧水の心の動きを短歌から追った、歌人による評伝

 

 

 

若山牧水は「旅と酒の歌人」と言われますが、この評伝を読むと、彼の人生に若き日の恋が大きく影響していたことがわかります。
「あの苦しすぎる恋があったから、牧水は日常から離れようと旅をし、ときに溺れるほど酒を愛したのでは」と感じたほどです。

 

 

その恋の相手とは、小枝子という女性。明治39年、友人の恋を助けるために牧水が訪れた神戸のある家で出会い、のちに彼女が東京へやってきたことから交際が始まったようなのですが、どうも彼女の態度がはっきりしない。

 

 

21歳で早稲田大学の学生だった牧水は熱烈に恋焦がれ、心情をそのまま短歌に込めますが、俵さんの解説を読むと「牧水、空回りしてた?」という気もしてきたりして……。

 

 

実は小枝子は既婚者で故郷・広島にはふたりの子どももいた、という驚愕の事実が第二章(全部で十二章+エピローグ)で明かされ、俵さんは牧水がそれを知ったのはいつなのかを、彼の短歌や資料から丁寧に推理。そして小枝子の言動が、別れたあとまで牧水の短歌に反映されていることについても、検証していきます。

 

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第48回
年齢を重ねてから読む「評伝」の面白さに開眼!


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top