「マウス」が肩こりや腱鞘炎の原因に!?負担を軽減する「57°」の角度とは?

ロジクール6

会場には、新製品のモックアップ(原寸模型)も展示されていました。何と、人の手で掘ったという木型です。複雑な動きをする「人の手」が持つマウスのため、実際に持ちながら確認を繰り返していくつもの木型を作ったのだそう。

ロジクール7

人それぞれ手の大きさが違うことも考慮して、さまざまなユーザーに実際に使ってもらう試験も繰り返したとか。理想的な大きさや角度、形状、重量にたどり着くまで数年をかけて開発したそうです。

 

 

ロジクール8

9月20日(木)発売

「MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス」¥12,880(税別、参考価格)

ロジクール9

実際にマウスを掴むと、こんな感じ。大きな男性の手にも小さな女性の手にもフィットするカタチです。

 

握手するように握れる縦型で、手のひらを起こすよう57°の角度で傾いているのがポイント。この角度により手首・前腕を自然な姿勢に保つため、手を上に乗せる従来のマウスと比べて筋緊張が10%も低減できるのだそう。

 

もちろん、カーソル移動がスムーズな光学センサー、高速充電、複数デバイスの同時接続が可能なペアリング機能など、高機能マウスに定評のあるロジクールならではの技術もしっかり搭載され、使いやすさもお墨付きです。

 

 

パソコン作業は、マウスが使いやすいかどうかでも効率に大きな差が出るものです。日々マウスの上に長時間手を乗せていて、肩こりや腕の不調が気になっている人は、道具を見直す時期かもしれませんよ。

 

LINEで送る
第210回
「マウス」が肩こりや腱鞘炎の原因に!?負担を軽減する「57°」の角度とは?

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top