インフルエンザが心配な季節。感染予防に“クロモジ”が効く!?


インフルエンザに注意が必要な時期がやってきました。

 

 

毎年12〜3月頃が流行シーズンで、徐々に患者が増え始めるのは11月頃だと言われています。インフルエンザにかかる人は、流行シーズン中だけで毎年1千万人! 日本人の10人に1人が感染という計算になりますから、1人ひとりが予防を心がけるのが肝心ですよね。

 

感染予防対策のひとつ、“のどブロック” を見直そう

養命酒1

インフルエンザの予防対策といえば「手洗い、うがい、マスク」と頭に浮かんだ人もいるのでは?

 

 

「実は、数年前から厚生労働省が推奨する予防法から “うがい” が外されています。外出先で付着したインフルエンザウイルスを数時間後に帰宅してうがいしても、洗い流せないとされたからです」とは、静岡県立大学薬学部教授・健康支援センター センター長の山田浩先生。

養命酒2

しかしその一方で、緑茶うがいの効果が立証された事例もあるのだとか。

「緑茶うがいをすると口内やのどが洗浄され、さらに口内やのどに留まったカテキンがウイルスの吸着を防ぐ効果が期待できます」

養命酒3

インフルエンザウイルスは、鼻からのどにかかる部分の上気道で【①吸着 ②増殖 ③放出】という3つの過程を通して感染していきます。うがいは、いわば一番最初の段階でウイルスが体内に入り込まないようにする  “のどブロック”  なのです。

 

 

和ハーブ「クロモジ」もインフルエンザ予防に役立つ!?

養命酒4

もうひとつ、“のどブロック” に役立つとして近頃注目されているのがクロモジです。

 

 

日本の山地に自生するクスノキ科の落葉低木で、生薬名は烏樟(ウショウ)。幹と枝が粉砕して使われています。

 

 

 

さて、そんなクロモジで “のどブロック” とは? 次のページへ!

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top