タフでクールで不運!?悪戦苦闘する女性探偵に拍手!

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

多分、本好きの人のほとんどが好むと思われるのがミステリー。

私も特に詳しいというわけではありませんが、夢中にさせられるという意味で、ものすごく恩恵を被ってきました。

 

 

ミステリーは人気のジャンルだけに、推理を働かせる主人公も多種多彩。職業はもちろん性格も、天才肌から地味めまでさまざまです。

 

 

つまり、うれしい悲鳴をあげたくなるほど選択肢が多いわけですが、いま私が気に入っているのが女探偵・葉村晶(はむらあきら)のシリーズ。

 

 

彼女はタイプで言えば間違いなく地味だけど、仕事ができてとてもタフ。ただ、なぜか不運すぎるという、残念なおまけ付きです。

 

 

 

これまで葉村が主人公の本は6冊刊行されていましたが(すべて文庫化)、最新刊『錆びた滑車』が8月に文庫書き下ろしで登場。
「単行本→文庫という過程を待たずにいきなり文庫で読める!」と、内心ガッツポーズでした。

書評_photo

『錆びた滑車』 若竹七海 文春文庫 ¥800(税別) 主人公がアルバイトをしているのがミステリ専門書店で、店長がミステリ通だけに、物語の随所に名作ミステリの名前が。その解説が巻末にまとめられていて、読書案内になっているのもうれしい

 

 

さて、『錆びた滑車』の話を始める前に葉村晶のプロフィールを紹介すると、性別は女性、年齢は40代半ば。
吉祥寺の住宅街にあるミステリ専門書店のアルバイト店員で、この書店の二階を事務所にしている探偵社の調査員でもあります。

 

 

以前フリーの調査員として探偵事務所で働いていた関係で、昔から付き合いのある大手調査会社(そこの管理職で、葉村に負い目を感じている男性・桜井)からの下請け仕事も引き受けていますが、彼女の言葉を借りれば
「……更年期に片足突っ込んだ四十代半ばの女が、喜びのあまり踊り出したくなるような仕事はまず、ない」
というのが現状です。

 

 

 

そんな葉村が『錆びた滑車』の中で最初に受けた依頼も、桜井からの下請け仕事。都庁に勤める公務員からの「別に暮らしている74歳の資産家の母親(石和梅子)の行動が以前と違うので、確認してほしい」というものでした。

 

 

「(葉村がさんざんな目に遭った)こないだの件も、この安直で楽チンなお仕事で帳消しになるんじゃないかなあ」と桜井に言われて引き受けますが、このシリーズの愛読者としては「絶対安直で楽チンじゃないよね」と確信。

 

 

案の定葉村は、梅子の尾行をきっかけに彼女とその友人・青沼ミツエの喧嘩に巻き込まれ、いろいろあってミツエが所有する古いアパートに住むことになり、ミツエの孫・ヒロトとも知り合います。

 

 

ここからがこのミステリーのキモの部分。
ヒロトは交通事故で父の光貴を亡くしたうえ自らも重傷を負い、記憶を一部失っただけでなくスマホも壊れたため、なぜ自分と父親が事故現場にいたのかがわからない。

 

 

それを葉村に調べてほしいと依頼しますが、22年前光貴に暴行と恐喝の逮捕歴があったこと、恐喝された(と思われる)男がヒロトの母親と逃げたらしいことなど、伏線のような話がいくつも提示されていきます。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第49回
タフでクールで不運!?悪戦苦闘する女性探偵に拍手!

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top