75歳でキラキラ! 十朱幸代さんの鮮やかトークに「モテる女」の極意を見た!


10月末の爽やかな秋の午後。妙齢の男性方が、いそいそとエレベーターに向かう姿が目立つ一角が。

そこは紀伊國屋書店新宿本店。9階のイベントスペース前には、1時間以上前から開場を待つ人たちの列ができています。

そう、それは待ちに待った日。十朱幸代さんが出版した自伝、

『愛し続ける私』(集英社刊)

の刊行記念トーク&サイン会が行われる日なのです。

会場を埋めた参加者は、40代~?代の男性たちが圧倒的多数。全国から集まったみなさんを前に、十朱さんが明かした「女ごころ、女優ごころ」。そのエッセンスを盗みに、アラフィフライターふーみんが出動! ぜひとも知りたい十朱さんが「モテる秘密」について、しっかりルポしてもらいましょう!

 

 瞳はキラキラ、頬はピカピカ。年齢を忘れさせる艶っぽさに驚き!

 

記憶を鮮明に書き留めたシーンでいっぱいの一冊!

10月に発売された初の自叙伝『愛し続ける私』が話題沸騰中の十朱さん。この本の刊行記念トーク&サイン会が10月28日(日)、紀伊國屋書店新宿本店で開催されました。

ファンの前に姿を見せるのは久しぶりと、会場は新潟や京都から駆けつけた(!)ファンもいらして超満員。一番前の人は1時間以上前から並んでいたそうです。

そこに登場した十朱さんは、軽快なパンツスタイル。

つやのあるお肌、輝くばかりの笑顔。往年のイメージと変わらない若々しさ、華やかさに驚きです。足もスラッと細くて素敵!(いや、こんな75歳、マジでズルい……!)

まずはこの本を書いたきっかけからお話は始まりました。


ちょっとした表情に色香が漂い、来場者のみなさんの目も釘付け!に

今まで「前だけを見て走り続けてきた」「過去は意識して忘れてきた」けれど、15歳から始めた芸能生活が60周年を超え、しかも年齢が75歳というキリのいい数字が並んだ昨年末、一度ここで立ち止まって過去を振り返ってもいいかなと思いたった、とのこと。それから約1年をかけ、本書ができるまでの過程では「忘れたはずの思い出がどんどん蘇って……」。それらを鮮やかなままに書き留めたシーンが、本書では随所に見られます。

 

会場では、十朱さんの直筆の原稿がスクリーンに映し出され、その達筆ぶりに「おお~!」と声が上がる一幕も。続いて十朱さんの10代のころの秘蔵映像も次々と紹介され、気分は昭和にタイムスリップ! デビュー当時の共演者のお話なども交えて、十朱さんの歩んだ道が実感されます。

 

芸能界の内幕を体感するエピソードも……

 

若くして黎明期のテレビ界に飛び込んで以来、60年もの間、第一線で活躍を続けてきた十朱さん。人気ドラマの国民的アイドルから始めて以来、女優として今まで生き抜いてきた陰には、私たちには計り知れない苦労もあったはず。

当日は、本には収録されていないエピソードとして、ある大女優との「確執」トークもありました。

 

大きな舞台の主演、そして「座長」に抜擢された十朱さん。名だたるベテランが脇を固める中でご苦労されたそうですが、中でもある往年の名女優は、

「あんなぽっと出の子が座長なら、私はこの役、下りるわ」

とまで言ったそう。結局は周りの説得で出ることになったのですが……。

 

いきなり逆風を浴びた十朱さん、「でも、やるしかない」と腹を決めて見事に演じ切り、その舞台は大好評に! 以来、十朱さんが20年にわたってお正月に座長公演を張るきっかけになりました。

その女優さんも、いざ現場に入ると不満も洩らさず、圧巻の演技を見せたそうです。

 

その初座長から十数年後、山田五十鈴さんと舞台で共演していた十朱さん。件の女優さんがとなりの楽屋に山田五十鈴さんを訪ねて来たと思いきや、十朱さんの楽屋ののれんをひょいと上げて顔を見せ、笑顔でひと言。

「十朱さん、あんた、うまくなったねぇ!」

この言葉を聞いた十朱さん、「今日まで女優を続けてきた良かった!」と心から思ったそうです。

地道に努力を重ねることの大事さに気づかされ、勇気をもらうエピソードでした。

 


 

→続けていよいよ、十朱さんの「モテる秘密」に迫ります!

この記事をシェア!

Pinterest LINE

この記事をシェア!

Pinterest LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top