75歳でキラキラ! 十朱幸代さんの鮮やかトークに「モテる女」の極意を見た!

知りたい! 十朱さんの「モテる秘密」とは?

そして十朱さんと言えば恋多き女。

 

十朱さんの率直なトークに、聴き入るみなさんも一緒に笑顔になってしまいます

 

本書には誰もが知りたい恋の真実について、驚くほど率直に書かれています。

長年、週刊誌やワイドショーを騒がせてきた十朱さんですが、恋について自分の言葉で語るのは初めて、とのこと。トークでは、そんな十朱さんの恋のスタイルについての質問も。

「恋愛をすると、いつも全力投球をしてしまうんです」と十朱さん。

仕事をしていても「早く会いたい」「彼、今頃なにをしているかな~」と、「ふっと心が飛んで行ってしまう」という一途ぶり。

限られた時間の中でのデートではとにかく「相手に楽しんでもらいたい」と、一生懸命になってしまう。でもそれが時には女優という仕事にとって邪魔になることもあって……。

「仕事と家庭の両立が難しかった時代に、自分でつかんだこの仕事だけは絶対に、手放せなくて」。それが今日まで結婚をせず、仕事を貫いてきた理由のひとつだそう。

トークをうかがっていて、全力で恋人に向き合う十朱さんのキラキラした姿が、目に浮かぶ気がしました。

男性にとってきっと十朱さんは「理想の恋人」なのでしょうね。

その一途さこそが、(本書によれば少なくとも3人の素敵な男性からプロポーズされている)

「恋多き女・十朱幸代」最大の「モテる秘密」

なのではないでしょうか。

 

孤独すら楽しみ、毎日を明るく生きる姿勢に共感

たくさん恋をしても、結婚を選ばなかった十朱さんは、75歳の今、ひとり暮らし。でも、「まあまあ、いい人生だったな」とご自身の人生を振り返ります。

やりたい仕事をやれて、全力で恋をして。ときに批判を受けても折れることなく、世間の尺度にとらわれず、自由にしなやかに生きて来た女性。

あの時代にそれを続けるのはとても大変だったでしょうに、肩肘張った感じなど、まったくないのが不思議なほどですが、

「いつも明るくして、いい面を考えるようにしているの」と、十朱さん。お母様譲りという、その明るさ、強さは見習いたいと思いました。

そして現在75歳。十朱さんの日常は、ちょっとのぞいてみたくなるような、オシャレでステキな暮らしぶりです。

朝起きて、目下の恋人(?)である愛犬キララちゃんのお散歩、帰宅後はフルーツいっぱいのヘルシーな朝食。

ガーデニングを楽しみ、週に3,4日はスポーツジムで体力作りも欠かさないそうです。

家族はいなくても、「人生、誰も最後は一人なんだもの」とサバサバ。

その言葉が出るのも、「自分で選んだ人生」という意識があるからでしょう。

その潔さに感服して、和やかにお話しながら来場者に丁寧にサインをする十朱さんのオーラにうっとりしながら、会場を後にしました。

 噂の朝食セット。ご自身で用意する、品数豊富で栄養バランスも整った、理想の食卓

 

年齢を重ねてもずっと美しくエレガントに、そしてしなやかに生きる十朱さんのトークでポジティブシャワーを浴びた秋の一日。

本を何度でも読み返して、もっとたくさん十朱さんから学びたくなりました。

 

「まだ読んでいないわ!」 という方は、ぜひ本書をご覧ください!

本を手に会見に臨んだ十朱さん。恋のお話をなんとか聞き出そうとする報道陣にも、誠実に対応。真摯な思いが伝わりました

・・・あ!

もうひとつ、大切なことを忘れていました。

トークの最後に、担当編集者が言っていた一言が気になっていて。

「十朱さんのパネルを前に、記念写真はいかがですか?

この表紙のポーズ、『耳に手』が可愛いと大反響。同じポーズで写真を撮って持ち歩くと、

たちまちモテるようになる! ……かもしれませんー!」

 

なになに? 「モテる」と聞いたら試さずにはいられないワタクシ! 早速パネル前で記念撮影を敢行しました。

「アイシツヅケルわー、たー、しー」パチリ!

もう、効果絶大? 本当に、このポーズするだけで、なんだか可愛い女になれる、と評判!

もう、この写真さえあれば、この冬は十朱さんみたいにモテオーラが? と考えるだけでワクワクします!

 

取材・文/高橋扶美、撮影/山下みどり

 十朱幸代 1700円+税 集英社

この記事をシェア!

Pinterest LINE

この記事をシェア!

Pinterest LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top