「私の人生、面白い!」南果歩さんの毎日(インタビュー/後編)


本格的に舞台に立つのは、数年ぶり。

揺れながら、闘いながら、南果歩さんは

『オイディプスREXXX』(オイディプスレックス)の初日を迎えようとしている。

相変わらず身体を鍛え、食事に気を配り、マインドも充実。

大事なのは歩き出すこと、手を伸ばすこと、明日を信じること。

 

(舞台への思いを語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/黒田啓蔵(Three PEACE) スタイリスト/中井綾子(Crêpe) 取材・文/岡本麻佑

南果歩さん

Profile

みなみかほ●1964年1月20日、兵庫県生まれ。1984年に映画『伽倻子のために』(小栗康平監督)の主役でデビュー。『夢見通りの人々』(89)でエランドール新人賞、同作と『螢』(89)でブルーリボン賞助演女優賞、『お父さんのバックドロップ』(04)で高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演作に、舞台『パーマ屋スミレ』(12、16)、ドラマ『定年女子』(17)、映画『オー・ルーシー!』(18)などがある。オムニバス映画『21世紀の女の子』は2019年新春公開予定。

 

 

私の人生、面白い!

「ああ、私、ここから始まるな」って

 

舞台を前に、体力作りも万全だ。

 

「稽古に入る前、しばらくアメリカにいたんです。語学学校に行って、あとは身体トレーニングをしていました。

今、西海岸で『Barre3』(バースリー)というワークアウトがすごく流行っていて、それがとても素晴らしいんです! とにかくコア(体幹)を鍛えて、下半身強化。太もも、ヒップ、脚力を鍛えるんですけど、すごくキツイ。足がビリビリになるくらい、でも身体が喜ぶんです」

 

日本未上陸の『Barre3』、どうやって出会ったかというと、

 

「滞在先で、近所のワークアウトスタジオをネットで調べて、あとは動物的勘です。行き当たりばったり、内容を知らないまま行くんです。だって予期せぬ事って、楽しくないですか?

行ってみたら『Barre3』をやっていて、しかもすごく良い先生と出会えたので、週に4回くらい通いましたね。めっちゃ身体を作ってきました(笑)」

 

積極的で自由自在。なんか、カッコイイ。

食事は基本、和食中心。

 

「たとえば今朝は、ご飯と味噌汁、昨日の肉じゃがの残りと、ほうれん草と梅干しでした。

舞台のときは、朝からがっつり肉食です。ガソリンだと思って食べるんです。で、本番前にもぎゅうぎゅうに詰めたお弁当を食べますね。炭水化物をしっかり摂ると、声の出もいいんです。

毎食、ご飯は絶対に抜きませんから、飽きないように、日によって五分づきにしたり、玄米食べたり。精米機があるので、その日によって変えています。

あ、スムージーも飲みます。材料は果物、野菜、ショウガと、甘酒はマスト、ですね」

 

身体を鍛え、バランスの良い食事をとっている、だけじゃない。愛犬、トイプードルのシャンティの存在が、元気と笑顔の素になっている。

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    kamagra oral jelly miglior prezzo

    levitra online

    Testpaket Generico