スペースシャトルの大事故は睡眠不足が引き起こした!? 世界でも睡眠時間が短い日本の場合は?


「疲れているのに頭が冴えてなかなか寝つけない」「つい夜更かしになりいつも寝不足」「朝起きるのがツライ」「夜中に何度か目が覚めてしまう」…。大人世代だったら、当てはまるものが、あったのでは?

 

国民病とも言われるほど、【睡眠】の悩みを抱えている人が多い現代。

目覚め方改革1

「この3月には11日〜25日の〈春の睡眠健康週間〉、15日の〈世界睡眠デー〉、18日の〈睡眠の日〉と、睡眠に関する知識普及や啓発活動が行われる日がいくつか定められています」

目覚め方改革2

そう説明してくださったのは、久留米大学 医学部 神経精神医学講座 教授の内村直尚(なおひさ)先生。この日参加したのは、これら睡眠デーのタイミングに合わせて開催された『目覚め方改革プロジェクト』のセミナーです。同プロジェクトは目覚めの専門家を中心に昨年8月に設立。内村先生はプロジェクトリーダーを務めています。

目覚め方改革3

睡眠にはリズム・量・質の3つが大事で、これこそが基本。睡眠問題を引き起こす原因として、特に日本人は体内リズムが乱れている人が多いようです」

 

体内リズムとは、朝が来たら目覚め、日中は体と心が活動的になり、夜になったら自然に眠くなるという無意識に働く体の時計のこと。それが現代は、夜になっても明るいので眠くなりにくく、そのため朝にきちんと起きられない。睡眠不足で昼間に眠くなってしまう…とリズムが乱れがちに。これが、睡眠の質や量の低下に大きく関わっています。

 

平日は寝坊できないから休日にのんびり寝溜めして、睡眠不足をリセットなんて考えがちですが、実はそんな「休日朝寝坊」こそ、ますます体内リズムを乱す原因になってしまうとか。

目覚め方改革4

健康な人が金曜と土曜の夜に寝ていられるだけ寝るという「休日朝寝坊」をした調査では、日曜の夜は睡眠促進ホルモンとも言われるメラトニンの分泌が遅くなり、分泌量も少なくなって寝つきが悪くなることがわかったのだそう。

 

「日曜の夜の体内リズムが遅れることで、睡眠の質が悪くなってしまいます。そのため、週明けの月曜から寝不足状態と、まさに負のスパイラルです」

目覚め方改革5

睡眠は、脳や身体を休養させるメンテナンスの時間というだけでなく、エネルギーの保存、免疫機能の増加、記憶の固定とさまざまな役割を担っています。それだけに、自身の睡眠問題を自覚している人ならなおさら、リズム・量・質を整えていくことを心がけたいたいもの。

 

「良い睡眠というと〈入眠〉に注目しがちですが、体内リズムを整えるには〈目覚め〉を意識することも大切です。まずは起きる時間を一定にすることから始めてください」

 

体内リズムを崩さないためには、寝坊は平日の2時間以内に留めること、と内村先生。

 

「21日の春分の日から日の出が早くなります。光を浴びる時間が早くなると朝型のリズムを整えやすくなりますから、ぜひ朝の光を上手に利用しましょう」

 

 

体内リズムと日中のパフォーマンスについてもお話を聞くことが出来ました。次のページへ!

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top