イタチごっこの白髪ケア。これからは「染める」ではなく「戻す」!?


染めてもすぐにまた白髪…。Fenceinboston世代にとって大きな悩みの種であるこの解決策が、これから一気に変わるかも!? 今までとは違う、新たなアプローチが誕生したんです!

 

発売に先がけて開催された発表会では、世界最先端の研究機関と連携して開発したとのことで、私たち取材陣に同時通訳機が配られましたよ。

ネイチャーラボ1

ワクワクしながらイヤホンから日本語訳が聞こえてくるようセットしました。

ネイチャーラボ2

壇上に登場したのは、ルーカスメイヤー コスメティクス社(フランス)のエステル・ローイング博士です。ルーカスメイヤー コスメティクス社は、主に医薬品原料の開発を行っているメーカーで、世界56カ国に拠点を持っているのだそう。

 

「白髪研究のプロジェクトをスタートさせたのは2011年。白髪症に関与する遺伝子の特定や解析、予防に有効な成分の開発などを複数のラボと提携して進めました」

ネイチャーラボ4

まず、髪の色が失われて白髪化してしまうのは「メラニンの減少」、そして「ストレスによる毛球の酸化」という2つの要因があることを確認。そこで、メラニン形成と酸化ストレスに働きかける特殊なペプチドを開発。白髪のプロセスに着目した「グレーリバース™」が完成したのだそうです。

 

 

独自処方のアイテムが日本で誕生!

ネイチャーラボ5

「この『グレーリバース™』を中心に、抗酸化や抗炎症など、さまざまなアプローチを組み合わせることで相乗効果を高めたのがブラックリバース処方™です」とは、ネイチャーラボの研究開発部門「セルラボ」所属の竹岡篤史さん。

ネイチャーラボ6

「白髪になるまでにはいくつかのステージがありますが、今回フォーカスしたのはメラニン色素が残っている状態の白髪へのアプローチです。頭皮環境を整えることで、本来の髪の色にリバースできる可能性があるのです」

 

つまり、完全にメラニン色素がなくなってしまった毛根は、もう黒く戻すことはできないけれど、まだメラニン色素が残っている、薄い茶やグレーの髪は、黒く戻すことができるかもしれないということです。

 

 

次のページで、このブラックリバース処方を採用した新製品をご紹介します!

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE
第248回
イタチごっこの白髪ケア。これからは「染める」ではなく「戻す」!?


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top