”若き三大テノール”、 イル・ヴォーロが日本に降臨!


羽生結弦選手が平昌五輪エキシビジョンの楽曲に選び、大きな話題を集めた『ノッテ・ステラータ(星降る夜)』。聴く人のハートを優しく包みこむような、せつなく甘く清らかな歌声の持ち主が、イタリア生まれの若きテノール・トリオ、イル・ヴォーロだ。

ピエロ、イニャツィオ、ジャンルカ……、メンバーの3人は14、15歳の時にイタリアのオーディション番組で才能を見出され、ユニットを結成。圧倒的な歌唱力と美しいハーモニー、”貴公子”と呼ばれる端正なマスク、そして、イタリア民謡からオペラ、ポップスまで幅広く歌いあげるボーダーレスな魅力で、世界中にブームを巻き起こしている。

結成10周年の記念イヤーを迎え、今まさに、日本でコンサートツアー中の彼らに、緊急インタビュー。

音楽にかける愛と情熱、仲間に対する思い、今後の活動について話を聞いた。

 

 

イル・ヴォ―ロ 2009年、イタリアで結成された若きオペラトリオ。『グランデ・アモーレ』がメガ・ヒットし、パヴァロッティに認められ、ドミンゴ、バーブラ・ストライザンドらと共演。世界中にファンを持つ、若き実力派。

インタビュー撮影/武重到 取材・文/浦上泰栄

 

 

大ヒットナンバー『グランデ・アモーレ』のMVが、ユーチューブで再生回数1億回を突破。レジェンドにも認められた奇蹟のユニット! 

 

サードアルバム『グランデ・アモーレ』(2015年)がプラチナセールスを記録し、MVのネット再生回数は1億回を突破。ワールドツアーでは20万人を動員するなど、クラシカル・クロスオーバー(クラシックとポピュラーの垣根を越えた音楽)の世界で圧倒的な人気を誇る、イル・ヴォーロ。彼らの音楽はどうやって誕生し、どんなふうに世界を揺るがせてきたのだろう?

 

ピエロ・バローネ  1993年6月24日生まれ、シチリア出身。オペラのアリアを豊かな声量でドラマティックに歌い上げ、全盛期のR・パヴァロッティを思わせる。知的でクール、同時に笑いのセンスも備えるリーダー格

 

ピエロ もともと僕たちはそれぞれにオーディション番組に出ていたのがデビューのきっかけです。若い僕たちがイタリア民謡を新しい解釈で歌うことに驚かれ、3人でユニットを組むことになったのです。「若き三大テノール」として。すると当時、イタリア音楽を世界に広める活動をされていた偉大な先輩、今は亡きルチアーノ・パヴァロッティさんが応援してくださり、そのおかげで彼のファンの方たちも僕らを応援してくれるようになったんです。それから「10代の若者が伝統音楽をやるのが面白い!」と話題が広まり、いつしか僕らと同世代や、もっと年下の若い子たちが、イル・ヴォーロの歌を愛してくれるようになったんです。それ以来10年、オペラのクラシックも歌うし、オリジナルのポピュラーも歌っていますが、イル・ヴォーロがベーシックに目ざしているのは、イタリア音楽の魅力を多くの人々に知ってもらうことです。

 

ジャンルカ カンツォーネから始まって、年月とともにポップス、ラテンなど、僕らが歌う音楽のジャンルはどんどん広がっています。でも、僕らの音楽のベースにあるのはイタリアの伝統的なメロディだし、その魅力を伝えたいという情熱にまったく変わりはありません。

 

ジャンルカ・ジノーブレ 1995年2月11日生まれ、アブルッツォ出身。まるで彫刻のように端正な顔立ちのイケメン。艶と深みのあるヴェルベットボイスでロマンティックに歌い上げ、聴く人のハートをとらえる。

 

イニャツィオ イタリア人は音楽をこよなく愛していますが、僕たち3人が育ったのは、その中でも特別に音楽好きな家庭でした。それぞれが、おじいちゃんやお父さんの影響を受け、イタリア民謡やオペラを聴きながら育ちました。伝統音楽のすばらしさに目覚めることができたのも、オーディションで僕らが出会えたことも、すべて家族のおかげですね。

 

イニャツィオ・ボスケット 1994年10月4日生まれ、ボローニャ出身。ソウルフルで輝くようなシャウトから、繊細に歌い上げるパートまで、自由自在な歌唱力が魅力。ユーモア溢れるトークが楽しいムードメーカー

この記事をシェア!

Pinterest LINE

この記事をシェア!

Pinterest LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top