Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

Fenceinboston

全力応援! 40〜50代の美とからだ

内臓脂肪が多いと要介護にまっしぐら!? 体脂肪率10%の医師が教えるダイエットって?

「若い頃と比べて太りやすくなった」と実感している人は多いのでは? なかには「この歳になってから痩せるのはなかなか難しい」とあきらめモードになっている人もいるはず。でも、本当にそれでいい?

 

 

お腹ぽっこりは人生を半分捨てている! このままじゃ失うものが多いと一念発起したのがこの頃です」

池谷先生1

お子さんと一緒に写った優しそうなお父さんというイメージですが、確かにお腹まわりはぽっこり。さて、この人が誰かと言うと…

池谷先生2

血液、血管、心臓など循環器系のエキスパートとしてTVや雑誌などでも活躍する池谷医院院長、医学博士の池谷敏郎先生です。最初の写真は20年前の36歳の頃で、体重79Kg、血管年齢45歳、体脂肪率は23%だったとか。※身長173cm

池谷先生3

「あのままだったら、僕は血管先生にはなれず欠陥先生になってました」と笑う現在の池谷先生は57歳で体重64kg、血管年齢は28歳、体脂肪率は10.8%ですって!  若々しいですよね。まさか、今より15kgも太っている時期があったとは驚きました。

池谷先生4

子どもの頃から痩せていたという池谷先生ですが、その体型が変わってきたのは30代前半。大学病院勤務で多忙を極め、いつも夕飯は遅い時間。

 

「ラーメン、炒飯、餃子などと一緒にビールと、今思えば血糖値を一気に上げる食事をしていたんですね」

 

その結果、結婚式半年前の時点で体重70kg。結婚式2カ月前には、初めて会った奥様の友人から「ぽっちゃりした人」と言われてしまうほどに。

 

「その言葉にカチンと来て、1日の食事はフランスパン1本に水だけという無謀なダイエットをしました。式の当日には10Kg落ちていましたが、式が終わってがっつり食べたところ、翌日には全身にじんましん。低たんぱく質を続けたツケは大きく、体調が悪くなって肌はガサガサ、髪も薄くなっていったのです」

 

 

そこから一気にリバウンドして、36歳の時にはお腹ぽっこり、79kgという立派なオジサン体型になってしまったのだそう。

 

「ちょうどメタボリックシンドロームが注目され始めた頃で、結婚と同時に開業した当院でもメタボ健診やダイエット指導を実施するように。それが、その指導を行う医者が内臓脂肪たっぷりでは説得力がありません。患者さんも健康的に痩せられる方法を探そうと、一念発起したのです」

 

 

さて、そんな池谷先生がたどり着いたメソッドとは?

今日の人気記事ランキング

Fenceinbostonスペシャル