国民病ともいわれる糖尿病。緑茶を1日●杯以上飲む人は発症リスクが低い!?


「緑茶が健康にいい」とは昔からよく言われていますよね。その理由として、カテキンを思い浮かべる人は多いと思いますが、実はもっとすごいパワーが!

久松町研究1

それは、緑茶に含まれる「テアニン」。カテキンは渋み成分なのに対し、テアニンは緑茶の旨味・甘みの成分で、リラックス効果があることなどが知られています。そしてさらに今回、この「テアニン」の新たな可能性が、サントリー食品インターナショナルと九州大学・久山町研究との共同研究によって確認されたそうなんです。

久山町研究2

さて、「久山町研究」のことはご存知でしょうか? 説明してくださったのは、同研究の代表を務める九州大学大学院医学研究室 衛生・公衆衛生学分野 教授の二宮利治先生です。

久山町研究3

「福岡県久山町の住民は、全国の平均とほぼ同じ年齢・職業分布になっています。そこで、日本人の代表的なサンプル集団として60年前から住民を対象にした疫学調査を実施。今までに約1万人の住民を対象に詳細な健康情報を収集し、我が国のコホート研究※の実現に貢献してきました」

※疾病の要因と発生の関連を調べる検察的研究のこと

 

 

まずは高血圧の調査からスタートし、現在では認知症、糖尿病など、研究テーマは生活習慣病全体に広がっているのだそう。

久山町研究6

「認知症は世界でも大きな問題となっており、特にアジアで患者数が増えてくると言われています。久山町研究では65歳以上の久山町住民を対象に追跡調査を行い、日本の認知症患者数は2025年には700万人に見込まれると導き出しました。さらに、どんな生活をしている人が認知症を発症しないのか、予防のために気をつけたい危険因子も続けて探求しています」

 

このデータは厚生労働省が発表している将来推計に引用され、国民の健康調査に大きく役立てられているのです。

 

そのほか、脳卒中、虚血性心疾患、肥満、メタボリックシンドロームの実態と危険因子を解明するなど、久山町研究は多くの成果を上げてきています。そして新たにあきらかにしたという、「テアニン」の可能性とは…。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston 集英社 Our Age
Fenceinboston / Fenceinboston
Follow @myageourage
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top