桐島かれんさんのお店「ハウス オブ ロータス」に行ってきました!

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集
チーム「健活」メンバー
南の島のビーチで読書、が至福のとき。
よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。
ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

 

 

NEWS

8月12日まで、伊勢丹新宿店で「ハウス オブ ロータス」のポップアップ・ショップ開催中。

詳しくは、こちらへ。

========================

こんにちは、ミーナです。

 

お待たせしました、桐島かれんさんのお店「ハウス オブ ロータス」のご紹介です。

 

アジアやアフリカなど世界各地で買いつけてきた、かれんさんの大好きなものばかりが集まっている「ハウス オブ ロータス」。かれんさんの自宅でもあった元麻布の素敵な洋館で、不定期開催されていた頃からファンでした。「インド、モロッコ展」、「バリ・バリ展」(BALI展)などフェアに合わせて、買い付け品の他にかれんさんがデザインしてオーダーしたオリジナルの雑貨や服が、アンティーク家具とともに洋館で本当にセンスよく並べられていて、訪れるだけで楽しかったんです。フェアの期間中は一度ならず訪れてしまい、ついついお財布のひもがゆるくなっていました。

 

大家さんの都合でなくなってしまった洋館とともに「ハウス オブ ロータス」はお休みになり、デパートのポップアップ・ショップはあったものの洋館での濃密な世界観からは遠く、さびしく思っていたのです。それが2013年10月、広尾の古いマンションの地下に再オープン!今度はうれしいことに、ずっとやっているお店です。マンション地下の無機質な空間が、またまたかれんさんのセンスで、秘密の洞窟のようなわくわくするショップに変身。

桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」外観

秘密の洞窟なだけにお店の場所はちょっとわかりにくいので、解説しますね。広尾駅2番出口を出て左へ、ベルナハイツという古いマンションの入り口を見つけたら、奥へとずんずん通路を進んで行きます。突き当たりを左に曲がり、左に見えるペパーミントグリーンの扉とベンチ、House of Lotus の看板が目印です。

桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」階段

 狭い階段スペースながら、すでにただならぬセンスのよさが感じられます。階段下は、モロッコの小洒落たラウンジ風。

桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」店内1

 インド、バリ、モロッコ、アフリカ・・・様々な地域のものが渾然一体ながら、かれんさんの眼で選ばれたものばかり、ディスプレイもおしゃれなので、美意識が刺激されます。
桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」店内2
いま、かれんさんがはまっているという、インドのブロックプリントの布を使用したワンピースやチュニックなど。MyAge  Spring号のインタビューページで着用の青いチェックのワンピースは、右上のもの。ブロックプリントは、版木で模様をプリントしていく手法。手作業で版木を押していくので、水玉やチェックなどの連続模様だと少しずれていたしても、それもまた味ですね。マルシェカゴは、インドでブロックプリントしてもらった布をモロッコに送り、それをモロッコで内側に貼ってもらい、日本にやってきた、かれんさんの思いがいっぱいつまっています。
桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」店内3
ディスプレイを見ているだけで、楽しいでしょ!インテリアのお手本にしたい・・・家が広ければ・・・
桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」店内4
ここからは、どんどん商品を見せちゃいますね。
桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」店内5
モロッコのバブーシュは、左下や1つ上の集合写真の中のものの他、たくさんのデザインが揃ってます。右下のちょっと個性的な布は、アフリカで広く見られるカンガというもの。
桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」店内6
小物のあしらい方も参考になるディスプレイ。アクセサリーも人気があるそうです。右上や右下のネックレスやブレスレットは、アンティークのパーツなどをアレンジしたもの。白いビーズっぽく見えるネックレスは、かれんさんがインドでオーダー。元々は布をくるんと丸めてボタンにしていたものを、ネックレスにしてもらったそう。なので、すごく軽いですよ。
桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」桐島かれん登場
お店にお邪魔した日のかれんさん。元麻布時代の不定期開催と違って「楽しいけれど、大変よー」とのこと。
大阪・阪急うめだ本店10Fうめだスークにて、5月7日(水)~5月20日(火)まで、かれんさんのショップがオープン!関西初なので、お近く方はぜひいらしてみてください。
 
「旅好きの母(作家の桐島洋子さん)の影響で子供の頃から世界中を旅してきて、自然と異国の手工芸品や民具、雑貨に強くひかれるようになっていたんですね。ところが、そんな品々が機械化や大量生産の波にのまれて、しだいに姿を消しつつある・・・。民族の歴史と魂がこもった手仕事の魅力を何とかつなぎとめたい、という思いでお店をやっています。ここを通じて、手仕事の滋賀らしさが多くの人に伝わるといいなと願っています」
(ムック「号、かれんさんのインタビューより。
かれんさんの記事はこちらにもあります。
桐島かれんさんからメッセージ!届いてます」、
桐島流健康法の秘密は、『快楽主義者であること』にあるらしい」
桐島かれんさんのお店「ハウスオブロータス」シャツ
取材日の戦利品はこちら。これもインドのブロックプリントです。カフス裏が小花プリントなのに、注目。
やはり、何も買わずにはいられない、魔法にかかってしまう洞窟です。
 
ハウス オブ ロータス
東京都渋谷区広尾5-4-11 ベルナハイツ B棟
tel 03-6450-2437
12:00〜19:00
定休日:水曜、木曜

この記事をシェア!

LINE

この記事をシェア!

LINE

Fenceinbostonをもっと楽しみませんか?

Fenceinbostonはウェブサイトだけでなく、メールマガジンや、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

Fenceinboston メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
集英社 Fenceinboston
Fenceinboston / Fenceinboston
  • コメント(1)

    同世代ということもあり、大ファンです。カレンさんの、ラジオも欠かさず聞いて、読んでいただいたときは、うれしすぎて舞い上がってしまいました。ずっと応援しています。名古屋にも是非いらしてください。

    ノエル - 2014年5月11日 10:56
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    To Top
    https://pillsbank.org

    http://pillsbank.org/es/comprar/generico-cialis

    economyandsociety.in.ua